CAREER UP|ブランド情報2,527 Views

世界で最も古いブランド『Brooks Brothers(ブルックスブラザーズ)』

Brooks Brothers

1818年に創業した、Brooks Brothersは紳士服のブランドとして世界最古の200年以上の歴史があります。アメリカの象徴ともいえるラグジュアリーブランドの歴史を紹介します。

1.歴史に刻まれた『Brooks Brothers(ブルックスブラザーズ)』

1818年4月7日に『ヘンリー・サンズ・ブルックス』が創業しました。1818年はアメリカの国旗ができた年で、ヘンリー・サンズが45歳の時でした。国旗ができた年と聞くと、歴史の古さを感じますよね。

1833年に創業者のヘンリー・サンズは急成長する会社をサポートしてもらうため息子たちを集め共に、会社を運営していきます。しかしヘンリー・サンズはその年に亡くなり、長男の『ヘンリー・ジュニア』が引き継ぎます。ですが不幸は続き、長男も父の後を追うように同年に亡くなり、弟の『ダニエル、ジョン、エリシャ、エドワード』が継承します。

1849年に既製のスーツを発売。アメリカで最初に販売したのはBrooks Brothers(ブルックスブラザーズ)でした。カルフォルニアのゴールドラッシュの時に一攫千金を狙う開拓者たちが、仕立て屋の気ままな仕事ぶりを待っていられず、ブルックスブラザーズの革新的な既製服を求めて、店舗に押し寄せたそうです。ブルックスの成功のはじまりは、開拓者たちのおかげもあったのでしょう。

1850年にロゴと社名を変更。リボンで吊るされた子羊のロゴは、ファインウールのシンボルで、毛織物業界の伝統にならいこのロゴにしたそうです。同時に社名も『ブルックス ブラザーズ』に変更しました。

1896年にヘンリー・サンズの孫である、『ジョン・E・ブルックス』がイングランドでポロの試合を観戦したときに、選手のユニフォームの襟が風でなびかにようにボタンで留められているのを発見しました。そこからインスピレーションを受けブルックスブラザーズの定番であるポロカラーシャツを誕生させたそうです。

このアイテムは、”ファッション史上最も模倣されたアイテム”だと言われています。

多くの著名人に今もなお愛されているブルックスブラザーズですが、元米国大統領『エイブラハム・リンカーン』も愛したブランドで、就任式に着たフロックコートは特別にブルックスブラザーズが作ったものでした。そして、大統領が暗殺されたときも、このコートを着用されていたそうです。

まさに歴史に刻まれたブランドですね。

2.ブルックスから生まれた名品

前途で述べた通り、ポロカラーシャツはブルックスが生んだ名品となっており、今も人気を誇っています。そんなブルックスは、ポロカラーシャツのほかにもさまざまな名品を生み出しています。そのアイテムの一部を紹介します。

■ レップタイ
ブルックスがネクタイをファッションとして最初に生かしたとされているストライプのレップタイ。アメリカンクラシックスタイルには欠かせないアイテムです。

■ ノンアイロンシャツ
1953年に、機能性とスタイリッシュさを満たしたノンアイロンドレスシャツを発表。イージーケアのシャツは他からも発表されていたが、自然な風合いと、吸湿・速乾とシワにならない機能性、紳士にふさわしいデザインのすべての要素を満たしたシャツはブルックスがはじめてだったそうです。

■ ピンクポロシャツ
男性を魅了したポロカラーシャツですが、ピンクカラーが発売されると瞬く間に最小のサイズが棚から消えていきます。その理由は、女性がピンクのポロカラーシャツに魅了され購入したからです。
当時、メンズのみを取り扱っていたブルックスですが、初のレディースのためのピンクのポロカラーシャツが発売されることになります。ウィメンズの展開をはじめるきっかけとなった出来事でしょうね。

■ ファンシャツ
当時の副社長だった「アッシュ・ウォール」が工場へ視察にいったさいに、社員が縫製を練習するために切れ端を縫い合わせながらシャツを作っていたそうです。その光景をみて、「These are some fun shirts(これは“楽しい”シャツだ)」と言ってのがはじまりだそうです。名前の由来もここからきています。

■ シアサッカー
シアサッカーは夏に定番の生地で、生地の表面が凸凹としており、涼しく感じる夏には欠かせまた軽く、アイロン不要な生地です。ブルックスはアメリカのメーカーとして、はじめてシアサッカーを取り扱い、スーツなど人気でした。

名品にも多くの歴史が刻まれていますね。まだまだたくさんの名品がブルックスにはあります。

3.販売のスペシャリスト

ブルックスには長い歴史があるからこそ、多くの著名人にも愛され続ける伝統のあるブランドに成長し、数々の名品が生まれています。

ブルックスブラザーズで働く人は、歴史と伝統にひかれ、一流ブランドにふさわしい接客と販売力をもっているのではないでしょうか。もちろんはじめから一流の接客をできるわけではなく、常に学びチャレンジしていく気持ちが大切だと思います。

販売の『スペシャリスト』になりたい、ブルックスをもっと知りたいと思うかたにおすすめる職場です。待遇面も充実しているようで、保養施設などの福利厚生もあるそうです。

4.会社情報

■ 会社名
株式会社 ブルックス ブラザーズ ジャパン

■ 会社設立
1979年
■ 本社所在地
〒141-0021
東京都品川区上大崎 3-1-1 JR東急目黒ビル 17階
■ 事業内容
アメリカブランド「Brooks Brothers」製品の販売

※2020年8月現在の情報に基づく

レディースアパレルにて販売職・店長を7年経験後入社、新宿オフィスで転職をサポートするコーディネーターを担当。たくさんのブランドの知識が豊富で頼りになる存在。

関連するトピックス

登録会予約からお仕事スタートまでの流れ

初めての方でも安心の1対1個別登録会。
どのような仕事を探しているのかお気軽にご相談ください。

  • 登録会の予約

    ご予約いただくと受付担当よりお電話差し上げます。ご希望の日程をお伝えください。

  • 当日の流れ

    登録会はキャリアパートナーと1対1でお話いただけます。ご希望や条件をお伝えください。

  • お仕事をご紹介

    その場で候補となるお仕事をご紹介。現場見学などの日程を決めましょう。

  • お仕事スタート

    あなたと勤務先が合意してお仕事が決まります。早ければ1週間程度でスタートできます。