CAREER UP|ブランド情報784 Views

『Lindt(リンツ)』のとろける美味しさのヒミツ

Lindt

チョコレートの人気ランキングでは常に上位にはいる『Lindt(リンツ)』。リンツと言えば、1粒で2度味わえる『リンドール』が大人気です。1845年に創業し、170年以上に渡る歴史がある老舗チョコレートブランドのヒストリーを知っている人は少ないのではないでしょうか。

ぜひ、この機会に知っていただきリンツのお店に足を運んでみるとまた違った楽しみ方に出会えると思います。

1.リンツの誕生

1879年にスイスのベルンで薬剤師の息子として『ロドルフ・リンツ』はチョコレート作りをはじめました。当時のチョコレートは加工などの技術がなく作るのが難しく固いチョコレートだったそうです。

菓子職人になったロドルフは柔らかく、味わい深いチョコレートを作りたいと思っていました。ロドルフは古い機械を購入し、何度も試行錯誤をしながら自身が求めるチョコレートを作り続けましたが、実現しなかったそうです。

ある日、ロドルフは機械の電源を入れたまま帰宅しました。2日間無人で稼働し続けた機械に残っていたチョコは、まる焦げになったチョコではなく、輝き、甘い香りが立つなめらからなチョコレートだったそうです。

ロドルフがそのチョコを食べた瞬間、口の中でとろけ、まさに求めていたチョコとの出会いでした。そこでLindt(リンツ)のチョコが誕生したそうです。

このかくはんし続けることで、なめらかなチョコレートを生み出す「コンチング」のプロセスは、チョコレートの製造技術に大きな革命を起こしたとされています。

2.こだわりの食材・そしておいしいヒミツ

リンツは食材と製法にこだわり、最高の味わいをお客様へ届け続けています。その美味しさの秘密をご紹介します。

【最高級のカカオ豆】
チョコには欠かせないカカオ豆は、世界で厳選されたカカオ産地から上質なカカオ豆を独自で加工しブレンドしているそうです。

【独自の製法】
厳選されたカカオ豆を、数十年かけて完成された独自の製法で、最適なフレーバーになるまで焙煎し、細かくグラインドしているからこそ、リンツのとろける味わいが楽しめるそうです。

【食材のこだわり】
カカオ以外の食材にもこだわり、世界の産地から厳選された最高級の食材を使用しています。例えばナッツは、自家焙煎し新鮮な状態でチョコレートへいれることで、ローストされたナッツの香ばしさが持続されているそうです。香ばしい匂いがただよってきそうですね。

こうしてリンツのメートル・ショコラティエによって作られた美味しいチョコが、美しいパッケージに包まれて届けられているんですね。

3..サステナビリティへの取り組み

リンツの美味しさを継続して届けられるのは、原材料を作っている農家の人々が変わらず提供してくれていることです。その持続可能にするための取り組みとして、農家の職場・生活環境の支援、収穫へのトレーニングなど様々なサポートをおこなっているそうです。

そして、リンツのフィリングの口どけにかかせないパーム油の生産は今や環境問題のひとつとされております。

パーム油の原料となるアブラヤシを生産するために、熱帯林や泥炭湿地林の伐採をし農園を作っています。そのため、大きな環境問題になっています。パーム油は食品の他にも、石鹸や化粧品・衣料品など、私たちの日常に欠かせないものになっています。

そこで、「持続可能なパーム油のための円卓会議(RSPO)」が設立され、リンツもアクティブメンバーとして、RSPOのセグリゲーションラベルの認証を取得しています。

そして、持続可能なパーム油のみを使い、とろけるくちどけのチョコを提供しています。パーム油を使ったチョコには、安心のマークとして、RSPOとパッケージに刻まれているそうです。

リンツは美味しさと、安心感をいつまでも届け続けるために色々な取り組みをしていますね。

4.リンドール

リンツで一番人気を誇っている『リンドール』が誕生したのは1949年でした。『リンツ』とフランス語で金を意味する『オール』を組み合わせリンドールと名付けられたそうです。

誕生した当初はタブレットチョコ(板チョコ)として作られましたが、1967年にクリスマス限定商品として丸いボールの形をしたリンドールが発売されて、大人気商品となり1969年以降に丸い姿となり一年中楽しめるチョコとして、発売続けてられています。

1980年代に世界で人気となり、世界に合わせた新しいフレーバーが誕生し定番の25種類と、期間限定フレーバーが次々に誕生しています。

キャンディのようなかわいい包装で包まれたチョコレートは、お土産やプレゼントに喜ばれること間違いなし!スイス代表のチョコレートブランドにふさわしい、スイス伝統のレース模様がパッケージに使われています。

店内には、ショーケースにぎっしり詰まった、様々なフレーバーのリンドールが並べられており、好きなフレーバーをお客様が選びお買い物できるシステムで好みにカスタマイズでき、みているだけでワクワクする店内です。

5.テイスティングで味わえるチョコレートセミナー

リンツでは五感(見る・触る・聞く・香る・味わう)を使ったテイスティングを紹介しています。

そしてチョコレートをより知っていただくために、様々なフレーバーのチョコレートテイスティングぐしながら、チョコレートより知っていただくためのセミナーが「知る」、「味わう」、「探る」のテーマに分け開催されていますので少しご紹介させていただきます。

【知る】
入門編のセミナーで、リンツの専任の講師によって、リンツの歴史・コンチングマシンの発明・製造工程を知ることができます。リンツを深く知ることができるセミナーはいいですね。

【味わう】
発展編のセミナーで、チョコドリンクとココアドリンクの違い・カカオバターの存在・カカオ豆の違いを味わえるセミナーです。チョコ好きにはたまりません。

【探る】
座学セミナーになっており、チョコレートの歴史を知ることができるそうです。

今は新型コロナウィルスのため開催を一時中止していますが、再開した際はぜひ参加してみたいセミナーですよね。

リンツについてお伝えしましたが、これを読み終えると甘いチョコが食べたくなった人も多いのではないでしょうか。リンツでは全国の百貨店や商業施設、アウトレットなどに出店しています。

販売スタッフとして働くと店舗に並ぶかわいいパッケジーに包まれたチョコレートと甘い香りに包まれながらお仕事ができます。チョコが好きな方、スイーツが好きな方、リンツが好きな方など、販売スタッフとして働いてみるのはいかがですか?

6.会社情報

■ 会社名
LINDT & SPRUNGLI JAPAN 株式会社
(リンツ&シュプルングリージャパン株式会社)
■ 所在地
〒107-0062
東京都港区南青山3-13-18 313南青山3階
■ 事業内容
チョコレートなど食品及び飲料の製造、販売並びに輸入
リンツ・ショコラカフェの経営

※2020年8月現在の情報に基づく

レディースアパレルにて販売職・店長を7年経験後入社、新宿オフィスで転職をサポートするコーディネーターを担当。たくさんのブランドの知識が豊富で頼りになる存在。

関連するトピックス

登録会予約からお仕事スタートまでの流れ

初めての方でも安心の1対1個別登録会。
どのような仕事を探しているのかお気軽にご相談ください。

  • 登録会の予約

    ご予約いただくと受付担当よりお電話差し上げます。ご希望の日程をお伝えください。

  • 当日の流れ

    登録会はキャリアパートナーと1対1でお話いただけます。ご希望や条件をお伝えください。

  • お仕事をご紹介

    その場で候補となるお仕事をご紹介。現場見学などの日程を決めましょう。

  • お仕事スタート

    あなたと勤務先が合意してお仕事が決まります。早ければ1週間程度でスタートできます。