CAREER UP|ブランド情報629 Views

本物を追求する【Lee(リー)】のこだわり

Lee

トレンドやシーズンに関係なく活躍するジーンズはみなさんも一着は持っているのではないでしょうか。

数あるブランドの中でもLee(リー)はリーバイス、ラングラーに並ぶ世界三大ジーンズブランドとして世界的にも有名なジーンズブランドです。ジーンズ好きはもちろん、多くの方が聞いたことがある・着たことのあるブランドかと思います。

ここではリーのブランド創業の歴史や代表的なアイテムについて、ブランドの魅力やこだわりなどあらゆる角度からご紹介していきます!

1.Leeの歴史

Lee(リー)の歴史は1889年にさかのぼります。アメリカのカンザスでヘンリー・デヴィッド・リー氏によって誕生しました。H.D.リー カンパニーを設立し、当時は食品と雑貨を扱う卸商社でした。

ダンガリーズやオーバーオールなど既製品のワークウェアも取り扱っており、カンザスはかつて荒野が広がっていたため厳しい労働条件の中で働く人にとってそういった丈夫な衣料は欠かせないものでした。ところが度重なる入荷の遅れが続いたため、1911年に自社製造を開始し、オリジナル商品の生産・販売を開始しました。

1926年には世界で初めて”ジッパーフライ”のジーンズを開発しました。これまでボタンフライのタイプで着脱しにくかったのですが、ジッパーフライの誕生で着脱が楽になり画期的な商品として注目を集めました。

Leeがファッションとして取り入れられるようになったのは1950年代のことです。ハリウッドスターのジェームス・ディーン氏が映画「理由なき反抗」でLeeのジーンズを着用したことで人気に火がつきました。

日本にLeeが上陸したのは1970年代。アメリカ建国200年祭に伴い、さまざまなLee製品が日本で紹介されました。中でも”ブーツカットジーンズ”が当時の若者に絶大な人気を誇り、瞬く間に定番アイテムとなりました。

Leeは現在も日本国内で多数展開しており、ジーンズの定番として高い人気を誇っています。ワークウェアとしての信頼できる品質とファッション性の高いLeeの商品は幅広い層に親しまれています。

2.Leeならではの特徴

Leeの製品にはいくつかの特徴があります。ここでは3つご紹介いたします。

■ 左綾
一般的なジーンズは綾目が右上がりになる”右綾織り”が主流です。Leeのジーンズの場合逆の”左綾織り”で作られています。この織り方は手間がかかるのですが、Leeは創業当時からこの織り方をしているんだそうです。

どういったメリットがあるのかというと、一つは馴染みやすさ。右綾に比べて織りの力加減が少し甘くなるため、生地が柔らかく、早く馴染みます。

もう一つは色落ちです。使われる糸にもひねりの方向があり、一般的にZひねりと言われる左方向の糸が使われています。糸と同じ方向の左綾で織ることで綾目が際立ち、綺麗に色落ちするようになります。

一般的なジーンズは右綾が多いため、柔らかい風合いや色落ちを楽しみたい方にはLeeがおすすめです!

■ バックポケット
バックポケットは見るだけでどのメーカーか分かるほど特徴的です。Leeは逆つり鐘型のヒップポケットに「レイジーS」と呼ばれるステッチが入っており、ブランドのトレードマークになっています。その他ポケットの補強のためのX字の「スレッドリベット」は、イスなどを傷つけないように考案されたLee独自の仕様です。


■ 環境に配慮
デニム製造は環境への負担がかなり大きいそうです。Leeでは素材に無農薬のオーガニックコットンを使用したり、浄化能力の高い排水処理機能を取り入れるなどして環境に配慮した取り組みもおこなっています。

オーガニックコットンは環境に良いだけでなく、デニム本来の豊かな表情が出るなどデザイン性のメリットもあります。

3.代表的なモデル

数あるLeeの製品の中でもブランドを代表するモデルがあります。どれもデニム好きなら1着は持っておきたいアイテムです。

■ 101Z
Lee製品の中で最も有名で定番のアイテムとされている「101」。太すぎず細すぎずのストレートタイプです。ジェームス・ディーン氏が公私ともに愛用していたと言われており、1でお伝えした映画「理由なき反抗」で着用していたのはこのモデルです。

「101Z」と「101B」があり、Zはジッパーフライ、Bはボタンフライとなっています。ジッパーフライのデニムはLeeが初めて作り、その後スタンダードなものになりました。今でも多くのデニム好きに親しまれているモデルです。

■ 203
腰回りがゆったりしており、太ももから膝、裾へと程よく細身になったテーパードシルエットです。「101Z」と同様にLeeを代表する定番アイテムです。足を長く美しく見せる他、足元がすっきりしているためシューズも映えるのが特徴です。

■ 205
1970年代に誕生したモデルでタイトめなシルエットが特徴です。腰回りがすっきりしており、裾に向かって#なシルエットで足のラインをきれいに見せてくれます。

■ 102
こちらのモデルも1970年代誕生したモデルです。ウエスタンブーツと合わせるジーンズとしてデビューしたブーツカット。この形は日本でも90年代に流行しましたが、最近また注目されているんだとか。「102」は股上から太ももにかけて適度にフィットし、膝から裾へ広がるシルエットが足を長く見せます。

Leeはブランドのこだわりは貫きながらも時代に合わせて進化するデザインや機能性も魅力です。デニム好きやおしゃれ好きの方は是非一度は手にしてほしいブランドです。

4.会社情報

■ 会社名
リー・ジャパン株式会社

■ 本社所在地
〒141-8255
東京都品川区上大崎2-24-9アイケイビルディング 2F
■ 店舗数
直営店・アウトレット 41店
■ 事業内容
繊維製品卸売(ジーンズ、ジャケット、シャツ等の衣類の卸売)

※2020年8月現在の情報に基づく

レディースアパレルにて販売職・店長を7年経験後入社、新宿オフィスで転職をサポートするコーディネーターを担当。たくさんのブランドの知識が豊富で頼りになる存在。

関連するトピックス

登録会予約からお仕事スタートまでの流れ

初めての方でも安心の1対1個別登録会。
どのような仕事を探しているのかお気軽にご相談ください。

  • 登録会の予約

    ご予約いただくと受付担当よりお電話差し上げます。ご希望の日程をお伝えください。

  • 当日の流れ

    登録会はキャリアパートナーと1対1でお話いただけます。ご希望や条件をお伝えください。

  • お仕事をご紹介

    その場で候補となるお仕事をご紹介。現場見学などの日程を決めましょう。

  • お仕事スタート

    あなたと勤務先が合意してお仕事が決まります。早ければ1週間程度でスタートできます。