CAREER UP|業界で成功するノウハウ382 Views

COACH(コーチ)のヒストリー

COACH(コーチ)といえば、シグネチャー柄(コーチのCが模様)が一般的ですよね。

今では百貨店や路面店の他に、アウトレットでも人気を誇るラグジュアリーブランドです。アウトレットでは、入場制限がかかるほど人気で、ラグジュアリーブランドでありながらもリーズナブルな価格もあることから、幅広い年代の方に愛されるブランドとなっています。

日本では、1988年に横浜三越に初店舗をオープンさせ、シグネチャー柄の誕生とともに、日本でもトップブランドへと進化を遂げました。今回は、COACH(コーチ)がヒットした歴史をご紹介します。


■Youtubeチャンネル開設!
スタッフブリッジのアパレル販売スタッフとして活躍するスタッフのストーリーをご覧いただけます。
視聴はこちら >

1.コーチとロゴに込められた思い

COACH(コーチ)は、1941年にカーン夫婦によって設立されました。ニューヨークのマンハッタンののソーホー地区で倉庫を工房としてスタートされたと言われています。

ファミリーで経営していた当初は「ゲイル」という社名で、紳士向けの革製品を下請けで生産していました。すべてハンドメイドで「財布、キーケース、ベルト」などファッション小物雑貨を生産していました。

ある日、野球観戦していたカーンが、野球グロブ(グローブ)のように、丈夫でしなやかな美しいレザー素材を作れないかと考え、1958年に「グラブタンレザー」が誕生。このレザーを使い、バッグを完成し、「コーチ」のブランド名で販売がスタートしました。ハンドメイドで作られた商品は、縫い目の細部まで気を配る丁寧な商品で、耐久性と品質性の良さから人気となり、社名もコーチと変更されました。

コーチの原点となるグラブタンレザーは、使えば使うほど質感と光沢が美しく輝く高品質な素材でした。このレザーで作られた「クラシックコレクション」は、今でもコーチの定番商品として販売が続いています。野球がきっかけで高級レザーが誕生したのは驚きですね。

社名のコーチとは「Kocs(コチ)」が由来となっています。コチという町は、サスペンション付きの4輪馬車を世界で初めて製造したと有名で、「コチ=馬車」とういうほど、ヨーロッパ各国で評判となりました。

この馬車は、貴族や大事な物を運ぶときにだけ使用されたことから、”大事な人や物を運ぶ”や”目的地に運ぶ”という意味を「コーチ」と呼ぶようになったそうです。

カーン夫婦がCOACHというブランド名をつけたのは、きっとこのカバンに大事な物を入れて運んでほしいという思いを込めたのではないでしょうか。ロゴに馬車が描かれている理由もわかりましたね。

今やコーチは手の届く高級品とし、多くの人に手に取ってもらえるように新しいラグジュアリーブランドとして確立しています。

2.日本のコーチ

日本へ進出したきっかけは、日本のバブル時代でした。当時の日本では、高級ブランドを身に着けることがステータスになってました。フランスなどでは、日本人が長蛇の列を作り、高級ブランドを購入するニュースが海外でとりあげられたほどです。

しかし、当時は大きなブランドロゴが目立つ商品が人気でした。なので、1988年に日本に進出したコーチでしたが、シンプルなデザインのコーチは日本で認知度が高くなったわけではないようです。

では、いつからコーチが日本で人気になったのでしょうか?

それはシグネチャー柄の発表で、進出してから14年たった2001年のことだったそうです。爆発的な人気となったシグネチャーシリーズは、日本での出店を加速させ、翌年の2002年に一等地の銀座へ、日本では初のフラッグシップ店がオープンしました。

そして、フラッグシップは日本の主要都市に広がり全国へと進出していきました。もうひとつ認知度が高くなったコーチの戦略があります。それは、ラグジュアリーといえば一等地という概念ではなく、地方の都市へ店舗を展開していきました。そこで都心部まで買いにいけないユーザーからも人気を獲得していったのです。

3.コーチを変えたシグネチャー

コーチの歴史を変えたと言っていいほど人気のデザイン「シグネチャー」。当時、富裕層向けの高級ブランドだったコーチが、180度転換したのが90年代に入ってからでした。リーズナブルな価格のアイテムを次々と展開していったのです。

2001年には日本を中心に大ヒットした「シグネチャーライン」。今では定番ブランドのイニシャルである、「C」をあしらったシグネチャーの歴史は、2001年からとまだまだ浅いのには驚きです。

シグネチャーにもいくつかコレクションがあり、一番人気なのは「オプティック・シグネチャー」だそうです。光沢のある糸で織られており、ランダムに重なるCマークが美しいとファンから人気です。

シグネチャーとは日本語に訳すとサイン。まさにコーチのサインが入ってるデザインですね。

4.2つのライン

百貨店や路面店の他に、アウトレットに出店しているコーチですが、「ブティックライン」と「アウトレットライン」があるのはご存知でしたか?

アウトレットと言えば、直営店で売れ残ってしまったもの、傷がついてしまったB級品などのイメージがあると思います。しかし、コーチはアウトレットで販売する専用の商品を製造しているのです。よって、アウトレット商品といってもすべてが新品!種類も豊富に取り揃えています。アウトレット限定の商品もあり、ブティックラインと違い安価なものが多くあります。

アウトレット製品だからといって、本物と変わりはないので、ぜひ一度アウトレットへ足を運んでみてはいかがでしょうか?

5.会社・店舗情報

■ 会社名
タペストリー・ジャパン合同会社
英文表記:Tapestry Japan, LLC.

■ 本社所在地
〒150-0001
東京都港区六本木6丁目10番1号 六本木ヒルズ森タワー19階
■ 店舗数
196店(2015年6月末現在)
■ 事業内容
米国COACH社製品の日本における輸入及び販売

※2020年7月現在の情報に基づく

COACH(コーチ)の派遣・転職求人はこちら >

無料の個別登録会でも、COACH(コーチ)のアパレル販売の求人詳細を専任のキャリアパートナーにご相談いただけます。


■2年連続!長く働きたいアパレル派遣会社No.1
スタッフブリッジは、2年連続で「長く働きたいアパレル派遣会社No.1」に選ばれました!圧倒的な待遇と仕事数で、長期で安定して働きたい方から評価をいただいています。
No.1の理由はこちら >

■スタッフブリッジの人気サービス【スピード払い】
無料で何度でも給料の一部を前払い(日払い)できるサービスです。多くの求職者様にご利用いただいているスタッフブリッジの人気の福利厚生サービスです。
人気の理由はこちら >

レディースアパレルにて販売職・店長を7年経験後入社、新宿オフィスで転職をサポートするコーディネーターを担当。たくさんのブランドの知識が豊富で頼りになる存在。

関連するトピックス

登録会予約からお仕事スタートまでの流れ

初めての方でも安心の1対1個別登録会。
どのような仕事を探しているのかお気軽にご相談ください。

  • 登録会の予約

    ご予約いただくと受付担当よりお電話差し上げます。ご希望の日程をお伝えください。

  • お仕事をご紹介

    その場で候補となるお仕事をご紹介。現場見学などの日程を決めましょう。

  • お仕事スタート

    あなたと勤務先が合意してお仕事が決まります。早ければ1週間程度でスタートできます。