CAREER UP|エリア特集580 Views

【東京ミッドタウン日比谷】芸術文化を発信!映画と演劇の街で働く魅力

東京ミッドタウン日比谷

日比谷公園の目の前にある複合商業施設『東京ミッドタウン日比谷』。六本木に続く2つめのミッドタウンです。

地下1階~地上7階までは映画館を含む約60店の個性豊かな商業テナントが入り、地上9階~34階まではオフィスワーカーの創造性・生産性を向上させるオフィスフロアが広がります。ONとOFFが混在する空間ですが、“多彩な価値観・洗練されたおもてなし・最先端を意識した創造・豊かな環境” という4つの共通した価値をもって建設されました。

日比谷はもともと映画館や劇場の多い街でしたが、東京ミッドタウン日比谷もそれを受け継ぎ、映画の中のような非日常世界を表現した空間をつくり上げています。都内でショップスタッフを考えているあなた、そんな素敵な空間で働いてみたいと思いませんか?

今回は東京ミッドタウン日比谷でショップスタッフとして働く魅力をお伝えします。

1.豊かな緑が広がる憩いの空間

東京ミッドタウン日比谷のキーワードのひとつが、“People in the Park”。

日比谷公園の緑あふれる園路から着想され、都市と公園の自然を融合させた独特な空間を創り出しています。建物周辺の道路には、日比谷公園と同じ種類の樹木を取り入れ、公園からミッドタウンまで緑が続く豊かな歩行者道路を楽しむことができます。ちょっと早く駅に着いたら、緑の中を歩いていい気分で出勤できちゃいます。

また、ミッドタウンの6階には空中庭園の「パークビューガーデン」があります。普通のテラスとは一味違って、日比谷公園や皇居外苑が見える抜群の景観。庭園内の芝生や植物はもちろんですが、目の前の日比谷公園の緑と相まって、都心にいることをつい忘れてしまうような自然豊かな空間が広がります。ベンチも設置されているので、ランチをテイクアウトして外で食べるのも気持ちいいですよ。朝は8時30分から入れるので、お仕事の前や後に来て気持ちをリフレッシュするのもいいかも。

2.映画と演劇の街を描いた非日常の世界観

日比谷はもともと映画や劇場の盛んな街です。東京ミッドタウン日比谷の開業にあたり、「劇場空間都市」をコンセプトとした空間をつくり上げました。メインターゲットは劇場になじみのある少し高めの年齢層。館内はクリーム色を基調とした壁と照明になっており、落ち着いた大人の雰囲気が漂っています。

晴海通りから東京ミッドタウン日比谷へ向かうと、屋外に「日比谷ステップ広場」が見えてきます。ステップ状の階段がある円形の劇場広場で、街を訪れる人はこの階段に腰を下ろして、映画や演劇などのエンターテインメントイベントを楽しむことができます。文化の発信地でもあり、地上の憩いの場です。

館内に入るとすぐ目に飛び込んでくるのが、一階から3層吹き抜けとなっているアトリウム空間。伝統的な劇場空間を参考にデザインされ、柔らかなカーブを描いた優雅で開放的な空間が広がります。アトリウムを取り囲むように各ショップが展開されており、イベントなどがあるといつもと違う非日常を感じながらお仕事ができます。

日比谷と言えば東宝グループ創業の地。TOHOシネマズ日比谷は、「映画と演劇の街」という代名詞にふさわしい東京都内最大級のシネマコンプレックスです。日比谷公園を一望できる開放的なロビーが人々を都会の喧騒から連れ出し、これまでの劇場にはない極上の空間を提供します。レイトショーもあるのでお仕事終わりにも行けちゃいます!帰る前に映画を見てリフレッシュして、最高の気持ちで一日を締めくくれますよ。

3.日比谷ならではの個性的でオシャレなお店がいっぱい

東京ミッドタウン日比谷のテナントは60店舗ほどですが、他の施設では見ないような個性的でおしゃれなお店がたくさんあります。1階に広がるのは約40ブランドが集まるラグジュアリーコスメのセレクトショップ。コスメが好きな方必見です!日比谷限定アイテムや先行商品もあるので、ショップスタッフになったら誰よりも早く新作を試せちゃいます。

2階に集まっているのはメンズ・レディスファッションやインテリア、ライフスタイル雑貨。セレクトショップの展開が多く、外国から取り寄せた上質で快適なファッションアイテムのほか、オールハンドメイドのジュエリーなどこだわりのつまったショップばかりが揃います。

そして3階はがらっと雰囲気が変わり、一つの街のような空間が広がります。「日比谷セントラルマーケット」は日本初のアーケード型複合ショップで、昭和の街にタイムスリップしたような不思議な世界観があります。空間コンセプトは「市場」。インテリア・デザイン・アート・ファッション・フードなどあらゆる要素が融合し、知らない土地の市場を訪れたようなワクワク感あふれる大人の空間です。

扱うアイテムやお店の雰囲気、空間、音楽、すべてにおいてこだわってつくり上げられた東京ミッドタウン日比谷。他であまり見ないようなちょっと個性的で世界観あるブランドで働きたいなら、日比谷で探してみてはいかがでしょうか。

4.非日常空間ならではのおもてなしをしよ

東京ミッドタウン日比谷には、非日常を期待する30~50代のお客様が多く来店されます。お客様は、ただショッピングを楽しむという目的だけでなく、劇場のような空間や世界観を楽しみに来られる方もいます。お客様の期待を壊さないよう、ショップスタッフも洗練されたおもてなしをすることが大切です。声かけのタイミングや言葉選びを含め、お客様が求めているモノ・コトは何かを考えて接客してください。

ショップスタッフとしての接客と、東京ミッドタウン日比谷を支える一員としてのおもてなし。そのどちらも磨くことで、お客様に本当に喜んでいただける存在になれます。どこに行っても接客に自信が持てるようになります。お客様の笑顔をたくさん引き出すおもてなしを、東京ミッドタウン日比谷で磨きませんか?

5.終わりに

いかがでしたでしょうか?

東京ミッドタウン日比谷には、他の商業施設にはない魅力がたくさんあります。個性的で魅力のあるショップで働くことはもちろん、緑のある憩いの空間や極上の映画館など、プライベートも楽しめる場所です。お客様側ととして感じる良さはもちろん、実際にショップスタッフとして働いてみて気づくこともきっとたくさんあります。

あなたもぜひ東京ミッドタウン日比谷のショップスタッフになって、さらなる魅力を見つけてください。

関連するトピックス

登録会予約からお仕事スタートまでの流れ

初めての方でも安心の1対1個別登録会。
どのような仕事を探しているのかお気軽にご相談ください。

  • 登録会の予約

    ご予約いただくと受付担当よりお電話差し上げます。ご希望の日程をお伝えください。

  • 当日の流れ

    登録会はキャリアパートナーと1対1でお話いただけます。ご希望や条件をお伝えください。

  • お仕事をご紹介

    その場で候補となるお仕事をご紹介。現場見学などの日程を決めましょう。

  • お仕事スタート

    あなたと勤務先が合意してお仕事が決まります。早ければ1週間程度でスタートできます。