CAREER UP|業界で成功するノウハウ1,275 Views

派遣社員で働いた期間の履歴書の書き方やポイントを徹底解説!

派遣社員として働いた期間を履歴書に書くとき、どのように書けばいいか分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?ここでは履歴書の基本的な書き方から経験をアピールしやすい書き方のポイントなど詳しくお伝えしていきます。


■Youtubeチャンネル開設!
スタッフブリッジのアパレル販売スタッフとして活躍するスタッフのストーリーをご覧いただけます。
視聴はこちら >

1.履歴書、職務経歴書とは

面接を受ける際に必要な書類として代表的なのは、履歴書や職務経歴書です。では、履歴書と職務経歴書では何が違うのか、それぞれについてご紹介していきます。

① 履歴書
履歴書は自分自身の基本情報や学歴、職歴、志望動機などをまとめた書類です。志望企業に自分自身を知ってもらうための大切なツールになります。企業は直接話したときの印象はもちろん、履歴書からもあなたの印象をしっかり見ています。

例えば、汚れたりぐしゃぐしゃの履歴書だとルーズな印象を与えてしまいますよね。また、履歴書から働きたいという意欲が伝わってくるか、丁寧にしっかりと書かれたものか…などを見ることで、仕事でも意欲的に活躍してくれる人材かどうかを判断したりします。

② 職務経歴書
職務経歴書は、これまでの経験とスキルをより具体的に記載したものです。履歴書にも職歴を記載しますが、職務経歴書では所属した会社でどんなポジションでどんな業務をおこなってきたのか、成果や実績、身につけたスキルなど、履歴書には書ききれなかったアピールポイントを書きます。

ボリュームとしてはA4サイズの用紙1〜2枚にまとめるのが一般的とされています。

2.職歴の書き方

面接官が履歴書を確認する際に「職歴」を見るという人が一番多いんだそうです。そこで、まずは派遣期間の職歴の基本的な書き方をお伝えしていきます。

① 履歴書の場合
履歴書の職歴欄のスペースは限りがあるため、必要な情報やアピールしたいことを簡潔に記載します。

■入社や退職ではなく、登録や派遣期間満了と記載
派遣の場合、働き始め=入社・派遣期間の終了=退職ではないため、登録や派遣期間満了と記載します。

(例)
令和X年X月:○○ 株式会社に登録
令和X年X月:株式会社 △△に販売員として派遣
令和X年X月:株式会社 ◇◇に一般事務として派遣
令和X年X月:派遣期間満了のため退職

■ 派遣先の会社名は必ず記載
スペースに余裕があれば派遣元の会社名も記載しておきましょう。

■ 単発や短期など派遣を多く経験した場合はまとめて記載
派遣を複数経験している場合、全て記載するとアピールしたい内容が薄れたり、見づらくなってしまいます。「上記以外の短期就業内容は職務経歴書に記載」と記載し、短縮した内容は職務経歴書に書くようにしましょう。

(例)
令和X年X月:派遣期間満了
※上記以外の短期就業内容は職務経歴書に記載

■ 正社員の経験があれば優先して記載
正社員の経験がある場合、配属先や業務内容など派遣よりもスペースを使って記載するようにしましょう。そうすることによって正社員での就業経験を目立たせ面接官にアピールできます。

② 職務経歴書の場合
履歴書で書ききれなかった内容は職務経歴書にまとめ、業務内容などより具体的に書きます。ただ派遣先によって業務内容や取引先などの守秘義務がある場合があるため、事前に確認しておきましょう。

■ 経験やスキルを上手く伝える
主体的に行なったことや派遣先から一任されて行なったこと、表彰されたなどの実績があれば記載し、しっかりアピールしましょう。

(例)
令和X年X月:○○ 株式会社に販売員として就業
※接客ローリングプレイングコンテストで最優秀賞を受賞

■ なるべくパソコンで作成
職務履歴書は情報量が多いため見やすく作成することが大切です。そのため手書きよりもパソコンで作成することが望ましいです。修正も簡単にしやすいだけでなく、パソコンの基本操作ができるというアピールにもなります。

*アパレル業界の派遣ならスタッフブリッジ。無料の個別登録会へのご参加を希望の方は下記よりエントリーください。
無料の個別登録会エントリーはこちら >

職歴の書き方

3.派遣期間を記載するうえでのポイント

派遣社員としての経験のなかでもアピールするべきポイントや評価されやすいポイントをいくつかご紹介していきます。

① 幅広い業界、企業での経験
それぞれの業界、企業によって業務の進め方や方針はさまざま。複数の派遣先で就業している方はいろんな環境を経験していることになるので、大手からベンチャーまで幅広い環境での順応性が身についていると思います。複数の派遣先の経験を通して身に付いたことや工夫したことなど盛り込みましょう。

② 志望企業で即戦力として活躍できる経験があるか
志望企業の担当業務が未経験の人より経験のある人の方が採用率は高いです。志望企業とこれまでの経験で接点がある業務内容を見つけてアピールすると良いです。選考時にスキルチェックをするための書類でもあるため、志望企業に関係のない情報を書かないよう意識しましょう。

③ 長期(1年以上)で就業していたか
単発や短期の仕事よりも長期で経験をしている方が企業へのPRにつながります。応募する仕事内容に近い経験や勤務期間が長いものを強調して記載するようにしましょう。

4.まとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。分かりやすく簡潔に書くことや、自分の経験で伝えたいことを明確にすることを意識して書ければより印象的な履歴書になります。ポイントを押さえてあなたの魅力を伝えてください!

転職活動のお役に立てれば幸いです。

*アパレル業界の派遣ならスタッフブリッジ。無料の個別登録会へのご参加を希望の方は下記よりエントリーください。
無料の個別登録会エントリーはこちら >

■2年連続!長く働きたいアパレル派遣会社No.1
スタッフブリッジは、2年連続で「長く働きたいアパレル派遣会社No.1」に選ばれました!圧倒的な待遇と仕事数で、長期で安定して働きたい方から評価をいただいています。
No.1の理由はこちら >

■スタッフブリッジの人気サービス【スピード払い】
無料で何度でも給料の一部を前払い(日払い)できるサービスです。多くの求職者様にご利用いただいているスタッフブリッジの人気の福利厚生サービスです。
人気の理由はこちら >

レディースアパレルにて販売職・店長を7年経験後入社、新宿オフィスで転職をサポートするコーディネーターを担当。たくさんのブランドの知識が豊富で頼りになる存在。

関連するトピックス

来社不要!オンライン登録会の流れ

ご自宅でお仕事の相談ができるオンラインの個別登録会。
専任のキャリアパートナーが1対1で丁寧に対応します。

  • オンライン登録会の予約

    ご予約いただくと受付担当よりお電話差し上げます。ご希望の日程をお伝えください。

  • 当日の流れ

    ご予約時間にキャリアパートナーよりオンラインをお繋ぎします。ご希望や条件をお伝えください。

  • お仕事をご紹介

    登録会当日に候補となるお仕事をご紹介します。店舗見学などの日程を決めましょう。

  • お仕事スタート

    あなたと勤務先が合意してお仕事が決まります。早ければ1週間程度でスタートできます。