CAREER UP|業界で成功するノウハウ94 Views

スポーツ界トップのブランド『アディダス』そして歴史に名を残した『リーボック』

アディダスは誕生から100年以上の歴史をもつスポーツブランドです。今では知らない人がいないほど知名度の高いブランドでしょう。サッカー日本代表のユニフォームを制作していることでも知られています。

兄弟で立ち上げた会社から発展したアディダス。2005年に同じグループとなったリーボックの歴史とともにお伝えします。


■Youtubeチャンネル開設!
スタッフブリッジのアパレル販売スタッフとして活躍するスタッフのストーリーをご覧いただけます。
視聴はこちら >

1.adidasの歴史

ドイツの靴職人のダスラー家に兄『ルドルフ』、弟『アドルフ』が誕生しました。1920年に、兄と弟で靴製造会社を設立。『ダスラー兄弟商会』が誕生し兄は販売、弟は生産を担当しました。

しかし1948年に、兄弟の意見があわなくなり『ダスラー兄弟商会』を解散。弟のアドルフはアディダス社を設立しました。adidas(アディダス)の名は、アドルフの愛称アディとダスラーをつなげたものでした。

兄はというと、『PUMA(プーマ)』を立ち上げました。

川を隔てて設立した兄弟の会社は街を巻き込んだ競争に発展し、親がどちらの会社に勤めているかで入学する学校が決まり、サッカーの試合ではそれぞれの靴を履いて対戦したそうです。

アディダスと言えば3本線のラインで有名ですが、1951年に今もあるフィンランドの『KARHU(カルフ)』というスポーツブランドより登録商標の権利を譲渡してもらったそうです。この権利、実は約1600ユーロとウィスキー2本で使用権をadidasが買ったというエピソードが残っています。

70年以降は、アドルフの息子である『ホルスト・ダスラー』がアディダスを運営していきます。ダスラーの人脈でオリンピックやFIFAワールドカップなどの大きなスポーツイベントの商業化に大きな影響を与えたとされており、アディダスはスポーツ界で売上高世界一のブランドとなっていました。

1987年にホルストが亡くなると、親族間での経営争いがおこり世界一だったアディダスも低迷していきます。1993年に、フランス人の実業家『ロベール・ルイ・ドレフュス』が経営権を握り、アディダスは黒字を取り戻し復活するのでした。

アディダスのスニーカーは、アスリートの足元を支えるために様々な研究をおこなっており、『世界一のアスリートに世界一のシューズを』という開発哲学をもとに製造されています。ロンドンオリンピックではほぼすべての競技にアディダスのスニーカーを使用しています。

そして2005年にスポーツブランド『Reebok(リーボック)』を買収しました。

2.Reebokの歴史

先ほど述べた通り、adidasの傘下となった『Reebok(リーボック)』の歴史についてふれていきます。

1895年に陸上選手だった『ジョセフ・ウィリアム・フォスター』によって立ち上がったブランドです。ジョセフは靴底に釘を打ちつけたら早く走れるのではないかと考え、自身で作り試してみたのです。すると想像通りの出来栄えで、他のアスリートからも作って欲しいと依頼が殺到したそうです。

1900年に、事業としてシューズを作る決断をし『J・W・フォスター社』を設立します。『ランニングパンプス』と名付けられたスパイクシューズを履いた『アルフ・シュラブ』選手が3つの世界記録を獲得。イギリス中のアスリートに知れ渡りました。

そして1924年のパリ五輪でランニングパンプスを履いた選手が金メダルを獲得。このストーリーはイギリス映画『炎のランナー』として放映され、実際にランニングパンプスを履いて撮影されたそうです。これを機にさらに世界へと名をひろげていきました。

ジョセフの孫が社名をReebok(リーボック)に変更。Reebokとはアフリカに棲む足の速いガゼルという動物の一種で、アスリートに最高のパフォーマンスをしてほしいと願う同社のネーミングにぴったりでした。

その後アメリカへ進出。世界最大のスポーツ界で飛躍するきっかけとなったといってもいいでしょう。1982年に発表した、エアロビクスシューズが全米でヒットし、リーボックがアメリカ市場で飛躍しました。1986年には、スポーツブランドとして全米ナンバーワンの売り上げを獲得し世界に誇る、スポーツブランドの地位を獲得しました。

3.歴史に名を残す『スニーカー』の代表作

アディダス、リーボックと聞けばスニーカーを思い出す方が多いのではないでしょうか。アパレル、雑貨など多くの商品を展開していますが、スニーカーなしでは双方のブランドは語れませんね!

そこで名作を一部紹介します。

【adidas】
▪︎コートスニカー『スタン・スミス』
ベンチレーションホール(通気穴)があるレザー製のテニス用スニーカです。当時、通気穴があるシューズは画期的で、世界中から支持され、2200万足も売り上げたそうです。ギネスブックには『世界で一番売れたスニーカー』として認定されています。

▪︎バスケットボールスニーカー『スーパー・スター』
1969年に誕生した伝説のスニーカーです。今もなお絶大な人気を誇っているスニーカーです。80年代にはスポーツだけではなく、ファッションアイテムとしても履く人が増え、老若男女に愛されるスニーカです。

▪︎クロスカントリーシューズ『カントリー』
1973年に整地されていない野山を走る、クロスカントリー用のランニングシューズとして発売されました。世界初の硬さの異なるミッドソールを取り付けるセメント製法で安定とクッショニングが融合したスニーカーです。84年のアメリカ映画『ビバリー・ヒルズ・コップ』でエディー・マーフィーがスタジャンにデニム姿、そしてカントリーシューズをはいて出演したところから、爆発的なブームがおきたそうです。

【Reebok】
■エアロビクスシューズ『フリースタイル』
1985年に女優の『シビル・シェパード』がエミー賞に輝いたとき、オレンジのフリースタイルを履いて出席し話題を呼んだそうです。シンプルなものからポップなものまで豊富なバリエーションで幅広いターゲット層に人気のシューズです。

■バスケットシューズ『ザ・ポンプ』
1989年にReebokがうみだした、テクノロジー『ポンプシステム』。このシステムによって足とシューズの一体感が最高レベルまで達し、アスリート達に人気となった。この後も、様々な戻るをだし不動の人気シューズの初代モデルとなっています。

4.スポーツショップで働く

スポーツショップで働くスタッフは、自身もスポーツをやっていたり興味がある方が活躍できる場だと思います。今ではいろんなスポーツがありますが、すべての知識を知っている必要はないです。働きながらいろんなジャンルのスポーツの知識が備わり、新たな自分に気づくこともあるでしょう。そして自身の趣味がふえることも!

お客様と共通の話題で盛り上がれば、楽しいですよね。従業員同士も共通の趣味を持ってることも多く、職場関係も良好なことが多いです。部活や趣味を活かしながらスポーツショップで働いてみませんか!

5.会社情報

■ 会社名
アディダス ジャパン 株式会社

■ 本社所在地
〒106-0032
東京都港区六本木1丁目9番10号 アークヒルズ 仙石山森タワー
■ 事業内容
アディダス・リーボックブランド製品の販売とその付帯事業

※2020年8月現在の情報に基づく

adidas/Reebokの派遣・転職求人はこちら >

無料の個別登録会でも、adidas/Reebokのアパレル販売の求人詳細を専任のキャリアパートナーにご相談いただけます。


■長く働きたいアパレル派遣会社No.1
スタッフブリッジは、この度「長く働きたいアパレル派遣会社No.1」に選ばれました!圧倒的な待遇と仕事数で、長期で安定して働きたい方から評価をいただいています。
No.1の理由はこちら >

■スタッフブリッジの人気サービス【スピード払い】
無料で何度でも給料の一部を前払い(日払い)できるサービスです。多くの求職者様にご利用いただいているスタッフブリッジの人気の福利厚生サービスです。
人気の理由はこちら >

飲食・エステ業界を経験、キャリアカウンセラーの資格を取得後、入社。新宿オフィスで転職をサポートするコーディネーターを担当。前向きで積極的な姿勢が好評!

関連するトピックス

登録会予約からお仕事スタートまでの流れ

初めての方でも安心の1対1個別登録会。
どのような仕事を探しているのかお気軽にご相談ください。

  • 登録会の予約

    ご予約いただくと受付担当よりお電話差し上げます。ご希望の日程をお伝えください。

  • お仕事をご紹介

    その場で候補となるお仕事をご紹介。現場見学などの日程を決めましょう。

  • お仕事スタート

    あなたと勤務先が合意してお仕事が決まります。早ければ1週間程度でスタートできます。