CAREER UP|業界で成功するノウハウ118 Views

『MAISON KITSUNÉ(メゾンキツネ)』さまざまな顔をもつ"ニュークラシック"なファッションブランド

2002年にスタートした「MAISON KITSUNÉ(メゾンキツネ)」はジルダ・ロアエックと黒木理也によって作られたフランスのブランドです。もとは音楽レーベルからはじまったメゾンキツネは、ファッション、アート、カフェなどあらゆるジャンルで活動を行っており各方面から高い支持を集めています。

キツネのロゴが印象的でもあるそんな「MAISON KITSUNÉ(メゾンキツネ)」の魅力や人気の理由など、今回はたっぷりご紹介をしたいと思います。


■Youtubeチャンネル開設!
スタッフブリッジのアパレル販売スタッフとして活躍するスタッフのストーリーをご覧いただけます。
視聴はこちら >

1.「MAISON KITSUNÉ(メゾンキツネ)」とはどんなブランド?

MAISON KITSUNÉ(メゾンキツネ)は、クリエイティブディレクター・ジルダ・ロアエックと建築家・黒木理也により設立されました。ジルダ・ロアエックは、フランスのハウスミュージックデュオ「ダフト・パンク」のマネージャーをやっていたという異色の経歴をもち、DJとしても活動していました。

そんな2人が出会ったことで生まれたメゾンキツネは、ファッションブランドでもあり、音楽レーベル、アートなどさまざまな活動も行います。

それぞれの出身国でもあるパリと東京を拠点とし、シンプルでユニークなアイテムが揃います。現在パリや東京のみならず、ニューヨークやロサンゼルス、韓国、香港などに直営店を展開し、さらに400を超える取扱店にて販売を行う世界中で親しまれるブランドです。

リーボックやシュウウエムラ、韓国発ブランド・アーダーエラーなどの人気ブランドとのコラボレーションも積極的に行い毎回話題をよんでいます。

2.MAISON KITSUNÉのファッション

アーティスト集団として多方面の顔をもつメゾンキツネが、ファッションブランドとして最初に制作したのが「スウェットシャツ」です。このアイテムがフランスのファッションブランド「A.P.C.(アー・ペー・セー)」で取り扱われ、販売を行ったところたちまち話題になります。

これがきっかけとなり、メゾンキツネはファッションブランドとして注目を集め、2005年に初のコレクションを発表します。2008年に初の直営店をパリにオープン、2013年には南青山に日本初上陸し国内でもすぐに人気を集めました。

メゾンキツネのコンセプトは「ニュークラシック」です。創業当初から現在に至るまで、高品質な素材を使用したシンプルかつモダンないつまでも色褪せないスタイルを提案し続けています。ファッションだけでなく、多くの側面からのアプローチや音楽と融合した新しさが魅力といえるのではないでしょうか。

3.さまざまな姿に変身する"キツネ"

メゾンキツネはフランス語で家を意味する「メゾン」と日本語の「キツネ」とかけ合わせたものです。

ブランド名でもあり、ロゴやシンボルとして印象的な「キツネ」。これは日本の「化け狐」からインスピレーションを得たといわれています。キツネは日本の昔話などでも度々登場し、稲荷神(いなりかみ)や妖狐(ようこ)などとしても知られてます。

このさまざまなものに化けるキツネの伝説のように、ファッションだけでなく音楽やカフェなど、まさに多数の顔を持ちどんな姿にも変身できるブランドという意味が込められています。

メゾンキツネのアイテムにはシルエットからリアルなものまで、様々な色や形をしたキツネがポイントとして用いられいられているので、比べてみるのも楽しいかもしれません。

4.キツネの世界観を味わえるカフェ

ファッション、音楽レーベルに加え「Café Kitsuné(カフェキツネ)」というカフェも手がけています。現在世界に11店舗あり、日本には初出店となった東京・青山店をはじめ、京都、岡山で展開し、上質なコーヒーの他、フレンチや和風のメニューなどを提供しています。

ブランドシンボルである「キツネ」をかたどったサブレは見た目もかわいく、食べるのに躊躇してしまいます。もちろん可愛いだけではなくこだわりをもって作られた味わいを感じることができ、お土産やプレゼントにもオススメです。

カフェで飲めるコーヒーはチョコレートとローストされたヘーゼルナッツの香り、さらにチェリーの豊かな風味が味わえる丁寧に焙煎されたものです。自宅でもこだわりのコーヒーを味わえるように、コーヒー豆の販売も行っているそうです。さらに店頭ではTシャツやトートバッグ、カップなどのオリジナルグッズも販売されています。

このようなファッションにとどまらない多彩な展開が最大の魅力なのかもしれません。そんなメゾンキツネの世界観を味わってみてはいかがでしょうか。

5.会社情報

■ 会社名
株式会社 メゾン・キツネ・ジャパン

■ 本社所在地
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前3-6-2 神宮前エーアイビル2階
■ 事業内容
アパレル事業・カフェ事業

※2020年8月現在の情報に基づく

MAISON KITSUNÉ(メゾンキツネ)の派遣・転職求人はこちら >

無料の個別登録会でも、MAISON KITSUNÉ(メゾンキツネ)のアパレル販売の求人詳細を専任のキャリアパートナーにご相談いただけます。


■2年連続!長く働きたいアパレル派遣会社No.1
スタッフブリッジは、2年連続で「長く働きたいアパレル派遣会社No.1」に選ばれました!圧倒的な待遇と仕事数で、長期で安定して働きたい方から評価をいただいています。
No.1の理由はこちら >

■スタッフブリッジの人気サービス【スピード払い】
無料で何度でも給料の一部を前払い(日払い)できるサービスです。多くの求職者様にご利用いただいているスタッフブリッジの人気の福利厚生サービスです。
人気の理由はこちら >

レディースアパレルにて販売職・店長を7年経験後入社、新宿オフィスで転職をサポートするコーディネーターを担当。たくさんのブランドの知識が豊富で頼りになる存在。

関連するトピックス

登録会予約からお仕事スタートまでの流れ

初めての方でも安心の1対1個別登録会。
どのような仕事を探しているのかお気軽にご相談ください。

  • 登録会の予約

    ご予約いただくと受付担当よりお電話差し上げます。ご希望の日程をお伝えください。

  • お仕事をご紹介

    その場で候補となるお仕事をご紹介。現場見学などの日程を決めましょう。

  • お仕事スタート

    あなたと勤務先が合意してお仕事が決まります。早ければ1週間程度でスタートできます。