CAREER UP|業界で成功するノウハウ164 Views

『rag & bone(ラグアンドボーン)』洗練されたアメリカンカジュアルを体験できるファッションブランド

2002年にイギリス人男性2人によって設立されたアメリカンファッションブランドです。「毎日着たくなるような服を作ろう」と品質や細部にこだわった洗練された製品を提案しています。アメリカの都会感とイギリスの伝統が融合したアイテムで、今や全世界のさまざまな人に愛されています。

今回はそんな「rag & bone(ラグアンドボーン)」の魅力や人気の秘密などをたっぷりご紹介をしたいと思います。


■Youtubeチャンネル開設!
スタッフブリッジのアパレル販売スタッフとして活躍するスタッフのストーリーをご覧いただけます。
視聴はこちら >

1.「rag & bone(ラグアンドボーン)」とはどんなブランド?

rag & bone(ラグアンドボーン)は、2002年にマーカス・ウェインライトとデヴィッド・ネヴィルの2人によってスタートしたアメリカ・ニューヨーク発のファッションブランドです。ジーンズの制作からはじまり、現在ではメンズ・ウィメンズウェア、シューズ、バックやハットなどのアクセサリーまで幅広く商品展開をしています。

「毎日着たくなるような服を作りたい」という想いから、クオリティや職人の技術、ディテールに様々なこだわりがあり、妥協せずに作られた製品は海外の有名セレブをはじめ、世界中のたくさんのファンをとりこにしています。

現在世界各国に直営店を42店舗構え、さらにセレクトショップや百貨店でも取り扱いがされています。2010年に日オープンした表参道店は国外初出店のショップであり、2018年のリニューアルを経て現在はカフェを併設したショップ「rag & bone X Verve Coffee Roasters(ラグ&ボーン X ヴァーヴ コーヒー ロースターズ)」にパワーアップしています。おしゃれな店内ではコーヒーやワッフルを楽しめます。

さらに2020年、待望の日本向けECサイトをオープンします。ラグ&ボーンのさまざまなラインナップを自宅でも楽しむことができるようになり、より人々のライフスタイルを豊かにしています。

2.ブランド設立までのヒストリー

マーカス・ウェインライトとデヴィッド・ネヴィルのイギリス人2人によって設立されました。幼いころからファッションが好きで、それしか穿かないくらい必要不可欠な存在であったジーンズは彼らにとって重要でした。そして「理想の一本を作りたい」と自分自身のために作ろうと思い立ったところからブランドをスタートさせたそうです。

2人ともファッションの勉強はしておらず専門知識も知らない状態でした。さまざまな試行錯誤やリサーチをし、アメリカ・ケンタッキー州にある老舗デニム工場を見つけ、基礎を学びジーンズ制作をはじめます。

2005年にはウィメンズラインを開始、2007年にはCFDAメンズウェア部門新人賞にノミネートされ大賞受賞しました。翌年の2008年にニューヨークにメンズ専門店を初オープンさせます。

ラグ&ボーンの最高経営責任者(CEO)兼デザイナーとして共に歩んできたデヴィッドは2016年に退任、マーカスも2018年に退任し現在は創業者・最高ブランド責任者(CBO)としてけん引し続けています。

3.最高のデニムを求めたこだわり

理想のデニムを作りたいというところから出発し、ケンタッキー州の工場で作りはじめましたが、理想の一本ができるまでに1年以上の歳月を費やしました。その間何度も工場へ通い詰めたそうです。
そんなこだわりのデニムにはさまざまなこだわりがあります。

■ 厳選された生地
高品質にこだわったラグ&ボーンのデニム生地には岡山県産の厳選した糸で作られた生地を使用し、アメリカの職人によって丁寧に縫製しています。最高の穿き心地や美しいシルエットを生み出しています。

■ 細部までこだわった繊細さ
開閉部分であるボタンフライやリベットにはブランド名が刻まれたオリジナルの部品を使用。リベット裏に刻印された模様は、マーカスがインディゴの原料となる葉をモチーフに作られたいわばルーツとも言えるものです。さらにバックポケットにはブランド名「rb」の小さなステッチがほどこされているのもポイントです。

見た目だけで終わらない本物を追求するため、すべての工程において妥協をしないこだわりや情熱をもったものづくりも人気の理由といえます。

4.日本・世界へと展開するブランドへ

日本の生地を使ったデニムや国外初のショップをオープンするなど、日本との関りが深いラグ&ボーン。日本人のものづくりに対する意識や、品質や細部までこだわる姿勢をリスペクトし、日本人に支持されることがブランド成長に必要という考えがあったそうです。

日本をかわきりに現在ではイギリスやオーストラリア、韓国、台湾など世界各国へ洗練されたアイテムを発信しています。"本物を作る"という設立当初から持ち続けているぶれない信念で服を作り続けているそうです。

5.会社情報

■ 会社名
株式会社 イーストランド

■ 設立
2005年2月
■ 本社所在地
〒107-0062
東京都港区南青山6-5-55 サンライトビル2F
■ 事業内容
ファッションブランド品の輸入・販売

※2020年8月現在の情報に基づく

rag & bone(ラグアンドボーン)の派遣・転職求人はこちら >

無料の個別登録会でも、rag & bone(ラグアンドボーン)のアパレル販売の求人詳細を専任のキャリアパートナーにご相談いただけます。


■2年連続!長く働きたいアパレル派遣会社No.1
スタッフブリッジは、2年連続で「長く働きたいアパレル派遣会社No.1」に選ばれました!圧倒的な待遇と仕事数で、長期で安定して働きたい方から評価をいただいています。
No.1の理由はこちら >

■スタッフブリッジの人気サービス【スピード払い】
無料で何度でも給料の一部を前払い(日払い)できるサービスです。多くの求職者様にご利用いただいているスタッフブリッジの人気の福利厚生サービスです。
人気の理由はこちら >

レディースアパレルにて販売職・店長を7年経験後入社、新宿オフィスで転職をサポートするコーディネーターを担当。たくさんのブランドの知識が豊富で頼りになる存在。

関連するトピックス

登録会予約からお仕事スタートまでの流れ

初めての方でも安心の1対1個別登録会。
どのような仕事を探しているのかお気軽にご相談ください。

  • 登録会の予約

    ご予約いただくと受付担当よりお電話差し上げます。ご希望の日程をお伝えください。

  • お仕事をご紹介

    その場で候補となるお仕事をご紹介。現場見学などの日程を決めましょう。

  • お仕事スタート

    あなたと勤務先が合意してお仕事が決まります。早ければ1週間程度でスタートできます。