CAREER UP|業界で成功するノウハウ172 Views

アパレル業界【デザイナー】ってどんなお仕事?

アパレル業界で一番人気が高い職種!

季節ごとのトレンドやブランドコンセプトを生かしたデザイン画を作成し、新しいファッションを世に送り出すクリエイティブなお仕事。企画段階から参加し、製造工程にも関わるので、デザインのセンス以外にもさまざまなスキルが求められます。自分がデザインした洋服が新しいトレンドを生み出す可能性や独立のチャンスもあるだけに、業界内でも人気が集中!?

1.デザイナーの業務内容は?

ファッションデザイナーの仕事は、デザイン画を描くことだけではありません。企画やコンセプトワークに始まり、素材や縫製の仕方、カラーバリエーションなどを考えながらデザインを作成。その後もパタンナーに指示を出したり、素材を決めたり、縫製仕様書をまとめたりと、やるべきことはたくさんあります。製造にかかるコストや納期のことも考慮しなければなりませんので、デザイン力だけでは乗り切れない業務も。

2.デザイナーに求められるもの

ファッションセンスやデザイン力はもちろんですが、売れる商品を作る上で重要となるのは企画力。ほかにも色彩感覚やオリジナリティなどが求められます。流行に敏感でなければならないのは言うまでもありません。また、デザイン決定後はパタンナーや製造工場に指示を出さなければなりませんので、洋裁の知識やコミュニケーション能力も不可欠に。

3.デザイナーになるには

アパレルメーカーやデザイン事務所の社員からスタートする人が多いようです。未経験からいきなりデザイナーとして活躍できるわけではなく、アシスタント業務から経験を積んでいったり、パタンナーから転身することも。資格はとくに必要ありませんが、洋裁技術検定やパターンメーキング技術検定、ファッションデザイナー認定など、デザイナーになる上で役立つ資格はたくさんあるのでチェックしてみてください。

不動産コンサルティング会社にて営業・企画職を経験後、入社。東京オフィスで転職をサポートするコーディネーターを担当。いつも明るい反面、涙もろい人情家。

関連するトピックス

登録会予約からお仕事スタートまでの流れ

初めての方でも安心の1対1個別登録会。
どのような仕事を探しているのかお気軽にご相談ください。

  • 登録会の予約

    ご予約いただくと受付担当よりお電話差し上げます。ご希望の日程をお伝えください。

  • お仕事をご紹介

    その場で候補となるお仕事をご紹介。現場見学などの日程を決めましょう。

  • お仕事スタート

    あなたと勤務先が合意してお仕事が決まります。早ければ1週間程度でスタートできます。