求人エントリーの心得!!

スキルアップ
2017.09.04
1,535 Views
「スマホ」の登場は携帯ゲームやインターネットの世界を変えた!と言われることがありますが、実は【採用の世界】もかなり変化しました。

少し前までは、応募する際、緊張しながら企業に電話。担当者に取り次いでもらう電話の保留音の間は、緊張しっぱなし!が当たり前でした。

それが今や、ワンクリックで”ポチッ”とするだけのエントリー(応募)が当たり前になってきています。その当たり前をちょっと気にするだけで、【書類選考から採用まで】の確立を上げることが出来ます!

求人状況の今昔

少し前までのバイト探しや就職活動は、新聞や求人雑誌から探す、はたまた気になる会社に自分から電話をして求人募集を行っていないかを確認していました。

しかし、スマホが普及した現在では、面接までの工程がインターネットで全て解決します。求人を探して応募、履歴書記入から面接の取り付け、すべての工程は顔も見ずに、声も聴かずに行えるのが今の時代です。そんな中、他の応募者たちよりちょっと気を使うことで、面接までの印象が格段にアップします。

カジュアル応募は待ち遠しい!

ネットでの応募って簡単にできると思いませんか?

「名前やアドレス、年齢だけで応募。履歴書の入力は後でも大丈夫。」こんな文言をよく見かけませんか?本当に今は緊張することもなくカジュアルに企業へ応募することができます。

実はこれ、採用担当からすると本当に履歴書の入力は待ち遠しいのです。応募する側は、簡単に応募ができてしまうので履歴書の入力を後回しにしがちですが、採用担当者は気が気でなりません。どんな人が応募してくれたのだろう?職歴は?経験は?なんてドキドキしています。

なので、本気で応募をするつもりがあるのであれば、”採用担当者から履歴書入力の催促が来る前”までに応募後にサイトについているメッセージ機能などで「○○日までにはWEB履歴書を入力いたします」等の一文を送りましょう。それだけであなたの印象は格段に上がります。

余談ですが、履歴書の写真。プリクラや斜め上からの盛写メは論外です。【証明写真風】に撮りましょう。

面接までのやり取り

無事履歴書を記入し応募を済ませ、書類選考を通過すれば、次は面接の日取りを決めるやり取りです。

電話であれば、いつも以上に元気にハキハキと話せば大丈夫ですが、メッセージでのやり取りだけではそういった印象は与えづらいです。文頭には「お世話になっております」文末には「よろしくお願いいたします」を付けるよう気を付けましょう。これだけでも、仕事を始めてから社会人としての対応が出来るかどうかの印象を与えることが出来ます。

それでも不安なアナタに!

ちょっと不安な方は、一度エージェントに相談しに来てみるのはいかがでしょう?履歴書の記入の仕方、面接や採用までのサポートをしっかりとさせて頂きます。気になる方は是非ご相談ください。