アスリートを支え続けている『adidas(アディダス)』の魅力

adidas
ブランド情報
2020.08.13
2,767 Views
adidas(アディダス)は、ドイツのバイエルン州に本社を構えるスポーツ用品ブランドです。「世界一のアスリートに世界一のシューズを」という思いのもと、あらゆるスポーツに対応できるシューズをつくり続けています。

アディダスは、オリンピックにスニーカーを提供したり、サッカー日本代表のユニフォームを制作するなど、スポーツ界において強い存在感を放っています。販売員のお仕事を探しているあなた、アディダスは履くけどそこまで詳しくないというあなた。今日はadidas(アディダス)というブランドの歴史と魅力について少しだけご紹介します。

adidas(アディダス)の誕生

adidas(アディダス)
https://www.staff-b.com/brand/adidas-store/

adidas(アディダス)の創始者は、ドイツで生まれたアドルフとルドルフのダスラー兄弟。靴工房で靴職人の見習いしていた2人が、体育館用のシューズを開発したことから始まりました。

1948年に兄弟は独立し、アドルフは「アディダス」、ルドルフは「ルーダ(のちのプーマ)」を設立しました。ブランド名は、アドルフの愛称「アディ」と「ダスラー」をつなげたことが由来です。

1965年にはアディダスの代名詞となっているテニスシューズ「ハイレット(のちのスタンスミス)」を発表。5年後にはバスケットシューズ「スーパースター」を発表。どちらも大成功を収め、50年以上経った今もブランドの代表格として変わらぬ人気を誇っています。

アディダスでは『世界一のアスリートに 世界一のシューズを』という思いのもと、スポーツの競技ごとにデータを集計して、気温や天候を再現しながら研究を重ねてスニーカーを製造しています。
選手に合うスニーカーをつくり、競技をもっと発展させたいという精神を貫き、アスリートたちの足元を支えてきました。オリンピックには90年間近くもアディダスのスニーカーを提供し続けています。

NIKEやPUMAとともに世界のスポーツブランドとしてトップの地位を確立しているadidas(アディダス)。ブランドの名を知らない人がいないほどに有名になった今も、選手を一番に考える生産者たちの思いが受け継がれています。

3本線のデザイン

アディダスの象徴となっている3本線のデザインは、「スリーストライプス」と呼ばれます。

これは、履いているうちに伸びてしまう革製のスポーツシューズを補強するためにバンドを使用していたのがはじまりでした。その機能をデザインとして表現するようになり、『スリーストライプス=アディダス』というイメージがしみついたのです。

スリーストライプスはロゴにも使用されています。右に向かって伸びる3本線は、未来へ向けてのチャレンジと目標の達成という意味も込められているそうです。

また、1900年代に使用されていたロゴは、スポーツの勝者に授けられる月桂樹の冠がモチーフでした。3つの葉が重なり合うこのロゴにもスリーストライプスがデザインされています。

今まで何気なく見ていたものでも、意味を知ると感じ方が変わります。気になる方はぜひチェックしてみてください。

定番シューズ『スタンスミス』

アディダスの代名詞ともいえるスニーカー『STAN SMITH(スタンスミス)』。1965年に「ハイレット」という名のテニスシューズとして発表されました。

1972年、ハイレットを履いたテニスプレーヤーのスタンレー・ロジャー・スミスがウィンブルドンで優勝し、ハイレットが一躍有名になりました。そのタイミングで彼の名を取って『スタンスミス』というシリーズが誕生しました。シューズにプリントされている人物が誰なのか気になったことはありませんか?あれはスタン・スミスの顔とサインなのです。

スタンスミスは、レザーの光沢感とベンチレーションホール(通気口)に特徴があります。アッパーにはガラスレザーというなめした牛革をガラス板に貼り付け乾燥させ、樹脂でコーティングしたガラスレザーを使用しています。ローファーやビジネスシューズに使われることの多い素材で、つやつやとした光沢感が強いことが特徴です。

サイドにはベンチレーションホール(通気口)が施されていて、通気性が高く足が蒸れにくくなっています。発売当時は革製のテニスシューズに通気口があるというのは珍しく、世界中で大きな話題となりました。

使われている色数は原則2色。つま先からカカトまで、スニーカーとして必要なパーツ以外は装飾していません。無駄のないシンプルなデザインも人気の理由です。

adidasで働く魅力

アディダスは、スポーツブランドならではの商品のテクノロジーや機能を、一つ一つしっかりと勉強する楽しさがあります。そしてそれをお客様にちゃんと伝えられたとき、接客スキルが身に付きます。自分のアドバイスでお客様がアイテムを購入してくれると、大きなやりがいを感じます。

アディダスのシューズは履いているけど、詳しいことはまだ何も知らない・・・という方でも大丈夫。店舗に入ってからカタログで商品知識をしっかり学べます。商品をよく理解したら、もっとadidasブランドが好きになった、というスタッフがたくさんいます。興味がある方はぜひチャレンジしてみてください。

「アディダスジャパンで働くということは、優れた成績を収め続けるスポーツチームの一員であるのと似た部分がある」と、adidasブランドは言っています。同じチームメイトとして助け合い、切磋琢磨しながら、チームで力を磨き、アディダスというスニーカーの魅力を伝えましょう。

会社情報

■ 会社名
アディダス ジャパン株式会社

■会社設立
1998年2月

■ 所在地
東京都港区六本木1-9-10 アークヒルズ 仙石山森タワー

■ 店舗数
91店舗

■ 事業内容
アディダス・リーボックブランド製品の販売とその付帯事業