販売職の楽しさ、心構えを3つご紹介

スキルアップ
2017.09.04
2,612 Views
色んな職業がある中で、〇〇販売という職種は世の中に沢山あります。基本的には、これと言って資格が無くても出来るのが販売職。しかし、楽しさもあれば難しさもあるのでその両面を少しご紹介していきます。

アパレル販売の楽しさと難しさ

私自身、20代の頃に販売職を経験しました。

まず販売職の楽しさは、顧客様が増えていくことではないでしょうか。その過程で、自分自身もオシャレをし、お客様と洋服談義で盛り上がり、時にはプライベートな会話もしつつご提案した商品をご購入して頂きます。そして、季節毎やイベント時に限らず、再来店をして頂く顧客様を増やしていきます。

難しさは、長時間立ちっぱなしで笑顔を維持する仕事ですので、体力やメンタルコントロ―ルも必要だという部分。しかし、お仕事をしていくうちに徐々に慣れてくるので安心してください。また、商品知識やコーディネート力も、仕事をしながら覚えられるので未経験の方も安心してチャレンジ出来ます。

プロパーとアウトレットの違い

プロパー店舗は、新商品が多く並ぶのでトレンドをリアルタイムで勉強が出来、社員限定でお安く購入出来ることも多いので洋服好きにはたまらない。しかし、どこのブランドもトレンド商品を色々な価格や形で販売しますので、競合店舗に負けないように販売力はやや高く求められます。

アウトレットでは、基本的にプロパーで捌ききれなかった商品がお安く並び、時にはアウトレット限定商品などの展開もしています。以前までは、アウトレットに並んでいる商品は傷みのある商品やワケあり商品があるというイメージもありましたが、今のアウトレットは毎年売上が上がってきており、プロパー店舗と引けを取らない商品も多く侮れません。安価な商品が多く並び、お客様の来店数も多いのでプロパー店舗とは違い、効率よく動く力をやや高く求められます。アウトレットは郊外にあることが多いので、通える範囲の方は是非ご勤務してみて下さい。

人間力向上と生涯の仕事に

販売職に必要なスキルは、コミュニケーション能力が1番必要かと私自身は思います。

コミュニケーション能力というのは、言葉で言うのは簡単ですが苦手な人には難しく感じるかと思う生涯必要なスキルです。お客様にはもちろんですが、細やかな気付きや心配りが必要な販売職ですが、このスキルを磨けばどの業界に行っても通用するとも思います。扱う商品等を変えれば生涯出来るお仕事ですので、1度はこの業界は働いてみて自分自身を是非磨いて下さい。

最後に

いかがでしたでしょうか。アパレル販売業界でオシャレを楽しみつつ、色々な施設で経験を重ねて、【オンリーワンの接客術】を見つけ出してみませんか?ご興味のある方のご応募、お待ちしております。