【アパレル業界の業態別】にみるキャリアップについて

スキルアップ
2017.09.04
2,541 Views
アパレル業界と一口に言っても、国内には大小様々な企業があります。一般的にアパレル業界で働く間口として一番広いのは「販売員」です。特別な資格は必要なく、「やる気」やその「ブランドで働きたい」といった気持ちがあれば挑戦できるお仕事です。

ただ、販売員としてアパレル業界にチャレンジをし、販売員の楽しさを感じつつも「次のステップ」というところで悩みを抱えられる方も少なくはありません。

今回はそんなお悩みを持つ方や、これからアパレル業界へチャレンジしようとお考えの方へ、【アパレル業界の業態別】にみるキャリアアップについてお話しをしていきます。

アパレル業界の代表的な業態とその特徴とは!?

まず初めに、「アパレル業界」と一口に言っても様々な業態があります。商社や繊維企業、OEM企業、卸し企業、また近年ではECサイト運営企業など。アパレル業界という大きなくくりで上げれば、キリがないほど多く存在しています。

今回は特に「販売員」という目線からキャリアップする為の企業業態として知っておきたい業態をピックアップします。

SPA業態

簡単に言えば「企画・生産から店頭販売までを一貫している業態」のことを指します。現在、日本のアパレル企業の中で一番主流になっている業態です。

近年ではセレクトショップを運営するアパレル企業が、自社企画・生産も行うことも多くなりました。また、卸しを主体としたメーカーが小売も行うなど、SPA業態へ移っている企業も多くあります。

SPA業態は、一貫して運営を行っていますので、販売員は勿論のこと企画担当やMD担当まで、「あらゆるポジション」の方が同じ社内におり、それだけ【多くのキャリアビジョン(道筋)】があるとも取れる業態です。実際に、お取引先の様々な企業の人事担当者の中にも「元々は販売員だった」という方も少なくありません。

外資系

外資系とはご存知の通り「海外」に「資本を持つ」企業のことを指します。

業態という観点からは、少しずれるかもしれませんが、アパレル業界においては気になる外資系の企業。会社名に「〇〇ジャパン」という表記をしているのが特徴的です。最近では、ファストファッション系のブランドも外資系が多くなってきていますが、もともとはラグジュアリーブランドに多くありました。その為、イメージとして「敷居が高い」という印象があります。

販売員として【スキルアップをしたい!極めたい!】という方は、チャレンジできる機会があれば、是非挑戦していただきたい業態です。

販売代行

小売業態の中でも、大元のメーカーから店舗を任され(委託され)運営を行っている企業です。

特徴としては店舗の運営という部分に密接に関われること。店長やエリアマネージャーなど役職を与えられるポジションに上がれば、「人件費や広告費」その他もろもろの経費などを管理していく必要があります。

【視野が広がり自身のスキルアップ】へと繋がる業態です。

最後に

いかがでしたか?

一般的に販売員からのステップアップとしては「店長→エリアマネージャー」といった店舗やエリアを任せられる「現場に近い」ポジションへと進まれる方が多いかと思います。
とはいえ、店舗に携わるお仕事は幅広くあります。販売員として長く従事していると、社内の様々なポジションの方と接する機会が増えてきます。
◆例えば、営業マン、MD担当、生産管理、人事、経理、デザイナー、バイヤーetc….

これからアパレル業界にチャレンジしようと思っている方、また現在販売員として活躍している方も、自身が【どういったキャリアップ、キャリアチェンジ】をしていきたいかを考える。同時に、【企業がどういった業態で運営】をしているのかを調べた上でチャレンジをしていくのも、選択肢の幅を広げるためにおススメです!