新しさとクオリティを追求する【Barneys New York(バーニーズニューヨーク)】

Barneys New York
ブランド情報
2020.08.20
2,899 Views
バーニーズニューヨークはメンズ・レディースのアパレルやアクセサリー、シューズを中心にテーブルウェアやステーショナリーなども扱うスペシャリティストア(専門店)です。通常のショップとは違い、百貨店のような立派な建物にバーニーズニューヨークこだわりのアイテムを多数展開しています。

1923年にニューヨークのマンハッタンに開業して以来、アメリカと日本に店舗を構えています。ここではバーニーズニューヨークの歴史やこだわり、働く環境など詳しくお伝えしていきます。

日本上陸までの歴史

Barneys New York(バーニーズニューヨーク)
https://www.staff-b.com/brand/Barneysnewyork/

Barneys New York(バーニーズニューヨーク)は、1923年にニューヨークのマンハッタンにバーニー・プレスマンによって設立されました。初めは小さなお店でメンズのディスカウントストアとして開業しました。品揃えは少なかったのですが、バーニー・プレスマンの指揮のもと規模や品揃えを徐々に大きくしていきました。

1960年代後半にはバーニー・プレスマンの息子であるフレッド・プレスマンとその家族により、品揃えからサービスまで世界でも有数のスペシャリティストアへと転換していきました。バーニーズニューヨークは高級志向になり、さまざまな高級ブランドを展開していました。

1976年にはアメリカで初めて「ジョルジオ アルマーニ」を導入し、このことがきっかけで世界最大のメンズストアとなりました。ヴェルサーチやコム・デ・ギャルソンなどもいち早く展開し、ファッションの先駆けとなる存在になっていきました。

日本に初めて上陸したのは1990年。新宿に1号店をオープンしました。当時日本最大規模のアメリカ発スペシャリティストアの初上陸ということもあり、注目を集めたそうです。その後1993年に横浜に2号店がオープン、2004年には旗艦店として銀座店がオープンしました。現在国内ではアウトレット6店舗を含む12店舗展開しており、クオリティの高い商品とサービスを提供しています。

バーニーズニューヨークの理念

バーニーズニューヨークの理念は「Select,don't settle(選べよ、固執するな。)」という言葉。呑気に何もせず落ち着くのではなく、常に新しいものを探し、選びつづけるという意味です。

この言葉はバーニー・プレスマンの息子、フレッド・プレスマンが使っていた言葉だそうで、お客様に常に新しいファッションでの冒険を提案するメッセージであるとともに、社員に対する教訓でもあるんだとか。

またバーニーズニューヨークのこだわりとして「テイスト」「ラグジュアリーさ」「ユーモア感」の3つを大切にしているそうです。既存の価値観にはない新しいムーブメントにチャレンジし、ファッションを通じて常に世の中を楽しませる存在であることを目指し続けています。

商品へのこだわり

バーニーズニューヨークではメンズウェアを中心にレディースウェア、アクセサリー、シューズなどのファッションアイテムはもちろんテーブルウェアやステーショナリーなども取り扱っています。

通常のショップのようなフロアの一角ではなく、百貨店のように建物全体で展開しています。幅広い品揃えやクオリティの高さは百貨店に匹敵しますが、バーニーズニューヨークらしさを基準に1点1点セレクトされたアイテムが揃っています。

商品の買い付けは、先見性が高く審美眼の確かなMD(マーチャンダイザー)があたっているんだそうです。日本の百貨店やセレクトショップとはまた違う、スペシャリティストアとして確立しているのはそうしたプロの目で選び抜かれたアイテムを揃えているからですね。

商品は、バーニーズニューヨークオリジナルブランドやヨーロッパ、アメリカ、日本などのデザイナーブランドにより構成されています。人気ブランドはもちろん、才能のある新人デザイナーのブランドなど独自の目線で選び抜かれたこだわりのブランドを数多く取り扱っています。

また、定期的に”MADE-TO-MEASURE(メイド トゥ メジャー)イベント”をおこなっています。オーダーメイドスーツを作るイベントで、たくさんの生地やデザインの中から自分の好きなものを選び、サイズもピッタリに作ってくれるそうです。

一部の店舗では、会員限定で近くの花火大会が開催される際に屋上を開放するなど、バーニーズニューヨークならではのロイヤリティの高いおもてなしもおこなっているそうです。

バーニーズニューヨークでは創業当時から大事にしてきたクオリティとサービスを高い基準で維持し続けています。

働く環境

バーニーズニューヨークの働く環境についてご紹介していきます。

親身な接客
自分用にはもちろんギフト用に探しに来るお客様も多いんだそうです。百貨店のように品揃えも豊富でフロアも広いため迷われるお客様多くいるかと思います。バーニーズニューヨークではお客様に納得したアイテムを見つけてもらうため親身になって接客しています。自宅にお客様を招いた時と同様に、ハートフルで洗練されたおもてなしを心掛けているそうです。

── 女性も働きやすい
メンズを中心に扱っているため女性は難しいのではと思うかもしれません。バーニーズニューヨークではメンズセクションでも女性が活躍しています。女性ならではの細やかさを発揮できたり、客観的な視点からのアドバイスもできます。もちろんレディースファッションも扱っているため、挑戦してみたいところを選ぶのがおすすめです。

── チームプレー
フロアが広がっていてお客様が何度も行き来したりするため、お声がけのタイミングや接客の仕方などスタッフ同士の連携が必要になってきます。売り場を超えたチームプレーによってお客様に喜ばれることも多々あるそうです。

── その他
バーニーズニューヨークでは不定期でさまざまなイベントを開催しています。オーダーメイドスーツを作るイベントや人気アーティストが来店し、お客様の要望に合わせてオリジナルバッグをオーダーできるイベントなど幅広くおこなっています。こうしたイベントにスタッフとして関わるのも楽しそうですよね。

客層は主に30~50代が多いんだとか。ファッションにこだわりを持つ大人の男女に人気で、店舗内は男女一緒に買い物しやすい空間づくりをしています。感度の高いファッションが好きな方、人と話すことが好きな方にはうってつけのお仕事です。

会社情報

■ 会社名
株式会社バーニーズ ジャパン

■ 本社所在地
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-33-8 SOUTH GATE新宿6F
■ 店舗数
直営店6店
アウトレット6店
■ 事業内容
紳士服、婦人服、洋品雑貨、化粧品、ギフト雑貨などの販売及び輸入

※2020年8月現在の情報に基づく