【RIEDEL(リーデル)】ワイングラスの名門ブランド

RIEDEL
ブランド情報
2020.08.11
999 Views
リーデルは1756年に創業した、世界中のワイン愛好家が絶賛するオーストリアの老舗ワイングラスブランドです。ワインを最高においしく味わうために作られたリーデルのワイングラス。

そんなリーデルの奥深い魅力についてお伝えいたします。

リーデルグラスの特徴

RIEDEL(リーデル)
https://www.staff-b.com/brand/riedel/

基本理念は、「飲み物の個性がグラス形状を決定する」。飲み物の個性に合ったグラスは、香りや味わいを重視する全ての飲み物がもつ特有な風味を的確に引き出します。

1950年代後半に、リーデル家9代目クラウス・リーデルは史上初めて「ブドウ品種に合ったグラス形状」というコンセプトをワイングラスの世界に導入したそうです。その後リーデルはぶどう品種ごとの個性に合わせたワイングラスを次々に作成し、世に送り出しました。

これらのグラスは、ワインの香り・味わい・バランス・後味を感覚へと移しかえる機能をもった、ワインの個性を引き出す画期的なグラスです。同じワインでもグラスのデザインやサイズによって、香りや味わいの印象が異なるなんて不思議ですよね。リーデルのグラスは、世界中のワイン生産者たちと何度もテイスティングを繰り返して、よりワインをおいしく感じられる形状に仕上げられています。

リーデルのグラスは大きく分けて、最高級ライン・スタンダードライン・カジュアルラインの3つに分類されます。

最高級ラインは、リーデルの最高峰シリーズでオーストリアの工場で全て職人のハンドメイドで創られています。手作りゆえにグラスによってサイズや重さに若干の違いがありますが、世界に一つだけの価値あるグラスなんです。特別なワインを味わう際や、大切な方へのプレゼントにも最適ですね。

次にスタンダードラインは、ワイン本来の香りと味わいを楽しむグラスとしてリーデルで最も普及しているグラスです。世界最高峰の技術をもつドイツで機械製造されているそうです。

最後にカジュアルラインは、ワインを毎日カジュアルに楽しみたい方に最適なシリーズです。ワイン以外のドリンクにも使用できるタンブラーも人気を集めています。こちらもリーデルのドイツ工場で機械製造されています。

リーデルが初めての方はカジュアルラインからスタートしてみるといいかもしれませんね。

ワインの4つの「味わい」と4つの「感覚」

皆さんはワインをお好きですか?ワインの味を表現する際、酸味・渋み・甘み・アルコールの4つの要素で表されます。

「酸味」はワインのうま味の大きな要素で、強すぎても弱すぎても味わいを損なうそうです。「渋み」は主に赤ワインで感じます。渋み・苦みの成分であるタンニンは熟成するとマイルドになります。「甘み」は主に白ワインで感じます。

甘口や辛口など耳にされたことはないでしょうか?甘口と辛口の目安は、アルコール度数によって決まってくるようで、~11%なら甘口・やや甘口、13%以上で辛口といわれています。「アルコール」は度数が高いとコクと甘みがより感じられるようです。

次に4つの感覚についてです。

── 1:芳香(香り)
ワイングラスのボウル形状は、ワインの香りにとても大きな影響を及ぼします。

── 2:舌触り(質感)
ブドウの品種に合わせたワイングラスは、ワインのまろやかさやみずみずしさ・クリーミーさなどの魅力的な口当たりの特徴を飲み手へ伝えてくれます。

── 3:風味
ブドウの品種に合わせたワイングラスは、果実の味やミネラル感、酸味・苦味のバランスに相互作用を生み出します。

── 4:後味(アフター)
ブドウの品種に合わせたワイングラスは、バランスのよい心地よく持続する後味を与えてくれます。

ワイングラスの選び方

リーデルではさまざまなワインに合わせて、140種類以上ものワイングラスがラインナップされています。たくさんありすぎてどれを選べばいいか迷ってしまいますよね。

そんなビギナーの方へ、まずは揃えたい3つのグラスをご紹介いたします。

── 1:ボルドー型
一般的なワイングラスよりも大きめに作られているのが特徴。ボウル部分は縦長でチューリップのような形状をしています。赤ワインに最適なワイングラスです。

── 2:万能型
テイスティンググラスを大きくしたような形状で、汎用性の高いワイングラス。シンプルなシルエットなので、幅広い種類のワインにおすすめ。

── 3:フルート型
別名シャンパーニュグラス。繊細な泡立ちを長く楽しむため、幅が細く高さのある形状のワイングラスです。スパークリングワインに適しています。

パフォーマンスシリーズ

先にお伝えしたとおり、さまざまなブドウの品種に合わせた機能的なグラスを生み出したリーデル。そんなリーデルがワインをたしなむ喜びをさらに高める”パフォーマンスシリーズ”を開発。リーデルグラス初の光学効果を取り入れた最新コレクションです。

魅力はワインの味わいや香りはもちろん、繊細なニュアンスまでを堪能できる究極のデザインです。グラスを回すとキラキラと輝く光学効果が印象的。グラスの外側には凹凸がなく、内側だけに凹凸が施されています。

これは、グラスの表面積を広げるためのもので、グラスを切って広げると面積は1.3倍にもなるそう。ワインを注いでグラスを回すと、ワインの分子がグラスの内側でこすれ、内側に施された凹凸でワインが開き、すばらしい香りと繊細なニュアンスが伝わるのです。

ワインが呼吸するとはこのことでしょうか。口当たりがよく、なめらかな舌触りや長い余韻が楽しめる、まさにワインのメッセージを伝えてくれるグラスです。

店舗・会社情報

■ 会社名
リーデル・ジャパン 株式会社

■ 本社所在地
〒107-0062
東京都港区南青山1-1-1 青山ツインタワー西館2F
■ 設立
1999年12月  
■ 事業内容
【ガラス製品の輸入卸小売業】「リーデル」「シュピケラウ」「ナハトマン」の3ブランドのワイングラスやクリスタル製品の取扱

※2020年 8月現在の情報に基づく