接客と接遇の違いとは?

スキルアップ
2017.09.04
2,252 Views
「接客」と「接遇」はともにお客様の応対を意味しますが、同じ意味ではありません。「接客」とはお客様に対し、必要なサービスを提供すること。一方「接遇」とは【おもてなしの心】です!!

土岐プレミアム・アウトレットでのお仕事を通じて”おもてなしの心”を学び、自身の成長に繋げましょう!!

”おもてなし”に必要な3つのポイント

── サービス
「言葉使い」と「姿勢」が大切。「がさつ」な言葉使いと「丁寧」な言葉なら、当然「丁寧」な言葉使いの方が、印象が良いですよね♪お客様の顔を見て、会話するのとどこを向いているかわからない様な態度で会話するのであれば、当然前者の方が、格段に印象が良いサービスです。

── 品質
お客様にご提供するのはサービスだけでは無く、取り扱う商品となります。お客様にご購入頂いた商品をレジカウンターで雑に扱ってよいでしょうか?絶対ダメですよね。商品を丁寧に扱うことで、商品の価値、品質をより尊い物に見せることが大切です。

── 清潔感
店舗内や店舗周辺、スタッフの清潔感により、お客様に快適さや安心感を与えます。このような接遇を受けるとお客様にとってはとても居心地の良い場所となり、居心地の良い場所には人が集まり、人が集まれば評判も広がることでしょう。

見え方が変わる

アパレル販売のお仕事の経験が無いスタッフさんから、登録会時に「全くの未経験です。大丈夫でしょうか?」とよく質問をされます。

答えはもちろん「大丈夫です」^^
未経験の方は是非、色んなお店で接客接遇を受けて下さい。

土岐アウトレットは1つの施設に、国内外のアパレルブランドが立ち並び、1日お買い物が楽しめる施設ですので、自分がされてうれしい”おもてなし”を”体感”し”実践”することが第一歩です。販売スタッフは、商品を購入して頂いたお客様から「ありがとう」と、言葉が頂ける素敵なお仕事。それが「接遇サービス」業です。

最後に

いかがでしたでしょうか?

アパレル販売に挑戦したい。その気持ちが大切です。向き不向きは無く、前向きな姿勢があれば、大丈夫です。それが接遇サービス業界です。お客様をおもてなし、お客様より感謝の言葉を頂ける、そんな素敵な職場で新たな自分に出会ってみませんか?

前向きなアナタ応援します♪