人間関係マニュアル~5つのステップ~

スキルアップ
2017.09.04
1,514 Views
私が担当スタッフ様からの一番耳にする「人間関係で悩んでます」というフレーズ。

どれだけお洋服が好きでも、お客様が好きでも一緒に働く方々との関係性が上手くいかないと、お仕事を楽しむことは出来ません。
今まで沢山の方のお仕事をサポートしてきた経験から、人間関係を良くする方法をお伝えします。

関係が上手くいっていない人を書き出す

まずは、今あなたが良い関係を築けていないと感じる方の名前を書き出してみてください。相手は、上司・部下・同僚、一緒に働く仲間であれば、誰でも構いません。今、あなたが関係を良くしたいと思っている人を書き出しましょう。

相手が何に一番価値観を置いているのかを知る

次に、1で書き出した人がプライベート・お金・家族(彼氏)・時間・夢のうち、何に一番価値観を置いているのかを考えましょう。

例えば、いつも仕事に打ち込んでいて、あなたに売上獲得や残業することを求めてくる店長であれば、お金に価値観を置いているでしょう。逆にいつも休憩時間になると「早く帰りたい」等と言っている同僚であれば、プライベートに価値観を置いているかもしれません。

もし可能であれば、直接「あなたが人生で一番大切にしていることは何ですか」と尋ねてみてください。少し聞きづらい相手であれば、休憩時間やふとした雑談の中で「あと24時間しか生きられないとしたら何をしますか?」と聞いてみるのもオススメです。

相手が求める行動と価値観をすり合わせる

ここまでで、1で書き出した人が何に価値観を置いているか分かったかと思います。価値観は、あなたが変えられる程簡単なことではありません。

その為、大事なことはあなたが求める行動と、相手の価値観をすり合わせることです。相手の価値観に沿って、相手にどのようなメリットがあるのか説明しましょう。

相手に感謝する

次に、改善した人間関係を持続させる秘訣です。

それは相手に感謝の気持ちを忘れないことです。また、相手があなたの意に反する行動を望んできたら、一度冷静になって、相手の行動が自分にとってどう役立つのかを自問してみましょう。この質問を自分にできるようになればなるほど、相手のイライラする感情が消えていきます。

そして、相手の行動が、あたなにどのように役立っているのか分かるようになれば、あなたは相手に感謝することができるようになります。「そんなの無理だよ!」と思われるかもしれませんが、騙されたと思ってやってみてください。

人は他人を変えることはできません。しかし、ある出来事に対して自分の認識の仕方を変えることはできます。

人をジャッジしない

最後は、あなた自身の中で、この5ステップを習慣化させる方法です。

一番大切なことは、他人を自分の価値観でジャッジしないことです。人によって、価値観は様々です。他人は違う価値観で生きているので、考え方や行動の善悪をジャッジすることは誰にもできません。ただ、自分の価値観に合う人を高く評価して、価値観が合わない人を低く評価しているだけだと思います。しかし、1人1人の人間を評価するなんて、本来、誰もできることではありません。

人をジャッジしないことが、誰とでも良い人間関係を築くための秘訣だと私は思います。

最後に

いかがでしたでしょうか?

仕事を好きになる。人が好きになる。そして、そんな自分が好きになる。これはあくまで一例ではありますが、スタッフブリッジなら、各営業担当が様々なお悩みを同じ目線になり、サポート・解決させて頂きます。人間関係を上手く築き、大好きなアパレルのお仕事が今以上に楽しく・充実したものになるでしょう。