レッドソール(赤い靴底)を生んだChristian Louboutin

Christian Louboutin
ブランド情報
2020.08.06
2,045 Views
女性にとって憧れのルブタンは、フランス出身のファッションデザイナー『Christian Louboutin(クリスチャン・ルブタン)』が、自身の名前をブランド名にし1992年に立ち上げました。

彼がデザインするヒールは女性を虜にし、世界で販売されるようになりました。クリスチャン・ルブタンが地位を獲得したのは、誕生後すぐだったのです。女性を魅了し続けるルブタンのルーツに迫ります。

ルブタンとレッドソールの誕生

多くの経験を積んだ彼は1992年に自身のブランドを立ち上げ、『Christian Louboutin(クリスチャン・ルブタン)』の名前でスタートしました。
https://www.staff-b.com/brand/christianlouboutin/

立ち上げすぐに、モロッコのカロリーナ妃がルブタンのデザインを大絶賛し、雑誌で名前をだしたことから大きな宣伝となり、ハリウッドスターやマドンナ、ニコールキッドマンなどの世界中のセレブのお客様が増え一躍トップの座へと駆け上がったのです。

ルブタンといえば『レッドソール(赤い靴底)』で有名ですが、このころはまだレッドソールは誕生していません。のちにルブタンの顔となるレッドソールは偶然からできた商品だったのです。

1993年に、アシスタントが真っ赤なマニキュアを塗っていたころからインスピレーションを受け、靴の底に赤を塗ってみたのがはじまりだそうです。さりげない日常生活の出来事が、この後のルブタンをさらに飛躍させるきっかけになったんですね。

多くのハイブランドが長い年月をかけて地位を確立していくもかかわらず、ルブタンはほんのわずかな期間で成功を収め、世界で愛されるラグジュアリーブランドとなったんですね。

ルブタンはルーブル美術館から程近い、パリのアーケード街の路面店からはじまり、ロンドン・パリ・モスクワ・ニューヨーク・ロサンゼルス・香港など世界各地に広がり、日本では2009年に株式会社クリスチャン・ルブタン・ジャパンが設立されました。2010年には日本初の直営店が銀座にオープンし、日本でも次々と店舗が増えていったのです。

女性らしく美しいシルエットの足に魅せるための靴を作り上げ続けたルブタンは、『King of painful Shoes(痛みを伴う靴の王様)』と言っているそうです。

でも愛されている理由のひとつに履き心地もあり、履けば履くほど自分の足に馴染んでいき、歩きやすくなるそうです。女性を魅了し続けるルブタンは、女性の足を最高に美しく魅せてくれるデザインと足にフィットする技術で愛され、女性のすべての願いを叶えてくれる素晴らしいブランドと言えますね。

ハリウッド女優の中でも人気のルブタンは、有名な映画のワンシーンにも多く使われています。

■サンドラ・ブロック主演映画『あなたは私の婿になる』(2009年)
■ペネロペ・クルス主演映画『抱擁のかけら』(2009年)
■アマンダ・セイフライド主演映画『TIME/タイム』(2011年)
■エマ・ワトソン主演映画『ブリングリング』(2013年)

一度ルブタンの靴が輝く姿を映画で見てみてはいかがでしょうか。

ルブタンの活躍

女系家族の中で育った唯一の男の子だったルブタンは、三姉妹と母との間で女性的な感性が育ちデザインのアイデアになったのではないかと、ルブタンはのちに語っていたそうです。
また労働者階級地区で生まれ育ったルブタンは、幼少の頃から、ナイトクラブに出入りしショーのダンサーを見るようになり女性のファッションに興味がわいたそうです。

特に靴に興味があったルブタンは10代でデザイン画も描いてたそうです。10代の頃に描いていたデザイン気になりますね。

のちに高級ブランドの『シャネル・イブサンローラン・エルメス・ディオール』などで靴の制作に携わり、腕を磨いていったのです。最高級のブランドばかりの経歴は驚きです。ルブタンは当時から逸材だったのでしょうね。

そして2012年にルブタンが幼少の頃にみていた、選び抜かれたダンサーたちが踊る「クレイジーホース」のナイトショーに演出家として『FIRE(ファイヤー)』を上演し世界を熱狂させたのでした。伝説のショーと呼ばれた「ファイヤー」はのちに映像化され「ファイアbyルブタン」が公開されました。ルブタンの靴を履いて踊るダンサー達の姿は圧巻です。

『クリスチャン・ルブタン・ボーテ』コスメラインの誕生

今はハイヒール以外にもスニーカーなどのシューズ、財布やバッグのファッション小物も展開しています。財布などは中が赤になっていたりと、ルブタンの特徴であるレッドカラーがアクセントとなってます。またスタッズを用いたデザインも人気です。

その中でも2013年に共同で『クリスチャン・ルブタン・ボーテ』を設立。化粧品業界へと進出したのです。共同創業者のロビン・バーンズ会長はルブタンの「靴を履くことで女性はまったく違う自分に変身することができる、化粧品も同じように女性を変える力にしてくれるだろう」と語ったそうです。

最初に発表されたネイルカラーは、レッドソール(赤い靴底)のきっかけともなったアイテムです。豊富なカラーや種類の中で、中心的存在なのが『ルージュルブタン』。ひと塗りで輝くレッドカラーは女性の肌にあう”赤”として発売されたカラー。長く続く輝きは贅沢そのものです。

また、爪の裏に塗るマニキュアとして『ルビーアンダーレッド』があり、レッドソール気分を手元でも楽しめるとセレブの間で話題になりました。

そして、キャップもルブタンの中で最も高いヒールとされている『バレリーナウルティマ』をイメージして作られており、鋭角でスタイリッシュなデザインに仕上がっています。

#ルブタンネイルで、ルブタンのネイルカラーを使ったたくさんのフォトジェニックな写真がでてきます。

次にネイルカラーの後を追うように、リップカラーも発売され他のコスメにはない究極のアイテムを発売。まず目を引くのがパッケージ。秘薬の入った小瓶のような重厚感のデザインで、きらめく王冠型のキャップ。こだわり抜いたディテールですね。そしてシルクのリボンがついており、リボンを通せばペンダントのようにアクセサリーとしても楽しめるようにルブタンのこだわりが詰まってます。

リップカラーでも『ルージュルブタン』は別格で、美しい赤を引きたてるよう、漆黒のパッケージとなっている。シルクのリボンも黒になっています。

プレゼントにも好まれ、ルブタンの魅力がたくさん詰まったコスメラインもまた女性を魅了させることでしょう。

会社情報

■会社名
株式会社クリスチャン・ルブタン・ジャパン

■会社設立
2009年
■本社所在地
東京都港区南青山3丁目17番6号

※2020年7月時点の情報に基づく

クリスチャン ルブタン

クリスチャン ルブタン