【詳しく解説!】アパレル業界の社販について

スキルアップ
2017.09.04
6,142 Views
販売員としてショップに立つには、その店に合った服装を心がけなければなりません。ブランドの店舗ならば、店頭に並んでいるアイテムを身につける必要があったり。せっかく収入を得ても、職場で着る洋服代に消えてしまうのでは……? と不安に思う人もいるでしょう。ここでは、社内販売、いわゆる「社販」に関する疑問点にお答えします。

社販とは?

「社販」とは、社内販売の略。自社商品または自社で取り扱う商品を市場価格よりも安く社員に販売することです。割引率などは会社によって異なるようです。

社販のメリットは?

スタッフ側のメリットといえば、自社ブランドの新商品を安価で購入できることでしょうか。顧客層と直に接するスタッフが自社ブランドの服を着ることで、商品の魅力や着こなし術をPRしやすくなるので、会社側にも相応のメリットが。会社によっては制服代が支給される場合もあります。

最新の服も社販で買える?

勤務先によって異なります。なかには、売れ残りやサンプル品しか購入できないケースも。逆に、新作を購入の上、着用することが義務づけられているような現場では、社販価格とはいえ、洋服代がかさむといった声もあがっているようです。長く売り場に並ぶ商品や着回しの効くアイテムをセレクトするなど、上手に利用したいですね。

キャリアアップのためには何のスキルを身に付ければいい?

バイヤーやMDを目指すなら情報分析力や語学力、プレスを目指すならメディアの知識やファッション業界に関する豊富な知識が必要になりますが、販売業務で身につくファッションセンスやコミュニケーション能力、色彩感覚などは、どこへ行っても役に立ちます。今取り組むべきことに精一杯の力で挑む心構えも忘れずに。


アパレル業界で働きたい方には、無料の個別登録会も承っています。
エントリーはこちらから >
https://www.staff-b.com/entry