Staff Bridge MyPage Menu Entry

アパレルのお仕事

店長/エリアマネージャーの仕事

大人気ショップを作るのはあなた!?

エリアや客層に合わせた運営方針を考え、リーダーとして店を盛り上げていくのが店長やエリアマネージャーのお仕事。商品管理や接客などの店舗スタッフとしての業務から、人事、経理、予算管理、スタッフ指導などのマネジメント業務まで、幅広く経験を積むことができます。センスやアイディアを運営方針に生かすことで、新たな人気ショップを生み出すことも!?

  • 店長/エリアマネージャーの業務内容は?

    店長やエリアマネージャーの目標は、店舗やエリア単位での利益を上げること。そのためには、お客様に質の高いサービスを提供できるようスタッフを育成・指導し、ショップ全体を見渡しながら、経理や人事、予算管理などのマネジメント業務をこなす必要があります。運営方針や売上目標を立てるといった業務も店長/エリアマネージャーの重要な仕事です。

  • 店長/エリアマネージャーに求められるもの

    まずは、販売スタッフとしての経験や実績。現場で培われた接客マナーやコミュニケーション能力、ファッションセンスは、店長やエリアマネージャーになっても生かせますし、その後のキャリアアップにも役立ちます。また、スタッフの力を伸ばす人材育成スキルや、スタッフたちをまとめるリーダーシップも不可欠です。予算管理や経理などのスキルについては、職に就いてからでも学べますので焦る必要はありません。

  • 店長/エリアマネージャーになるには

    販売の現場にいるうちに学べることをしっかり学び、接客マナーやコミュニケーションスキル、ファッションセンスや色彩感覚なども磨いておきましょう。売上アップへの貢献度や後輩指導の経験が認められれば昇進のチャンスも。店長を経験した後はエリアマネージャーへ、店長やエリアマネージャーから本社勤務へとキャリアアップしていく人もいるようです。

店長/エリアマネージャーの求人を見る
店長/エリアマネージャーの仕事 店長/エリアマネージャーの仕事

デザイナーの仕事

アパレル業界で一番人気が高い職種!

季節ごとのトレンドやブランドコンセプトを生かしたデザイン画を作成し、新しいファッションを世に送り出すクリエイティブなお仕事。企画段階から参加し、製造工程にも関わるので、デザインのセンス以外にもさまざまなスキルが求められます。自分がデザインした洋服が新しいトレンドを生み出す可能性や独立のチャンスもあるだけに、業界内でも人気が集中!?

  • デザイナーの業務内容は?

    ファッションデザイナーの仕事は、デザイン画を描くことだけではありません。企画やコンセプトワークに始まり、素材や縫製の仕方、カラーバリエーションなどを考えながらデザインを作成。その後もパタンナーに指示を出したり、素材を決めたり、縫製仕様書をまとめたりと、やるべきことはたくさんあります。製造にかかるコストや納期のことも考慮しなければなりませんので、デザイン力だけでは乗り切れない業務も。

  • デザイナーに求められるもの

    ファッションセンスやデザイン力はもちろんですが、売れる商品を作る上で重要となるのは企画力。ほかにも色彩感覚やオリジナリティなどが求められます。流行に敏感でなければならないのは言うまでもありません。また、デザイン決定後はパタンナーや製造工場に指示を出さなければなりませんので、洋裁の知識やコミュニケーション能力も不可欠に。

  • デザイナーになるには

    アパレルメーカーやデザイン事務所の社員からスタートする人が多いようです。未経験からいきなりデザイナーとして活躍できるわけではなく、アシスタント業務から経験を積んでいったり、パタンナーから転身することも。資格はとくに必要ありませんが、洋裁技術検定やパターンメーキング技術検定、ファッションデザイナー認定など、デザイナーになる上で役立つ資格はたくさんあるのでチェックしてみてください。

デザイナーの求人を見る
デザイナーの仕事 デザイナーの仕事

パタンナーの仕事

デザイナーの想いを形にする重要な仕事!

パタンナーとは、ファッションデザイナーが描いたデザイン画を元に型紙を引く、アパレル業界になくてはならない専門職。平面画に立体感を与え、独特の動きやシルエットを考えながら、着心地のよいフォルムになるようパターンを起こしていきます。デザイナーのイメージを生かすも殺すもパタンナーの腕次第。それだけに、高い技術力が求められる職種でもあります。

  • パタンナーの業務内容は?

    平面のデザイン画から型紙を起こす作業が中心ですが、デザイナーとともに素材を考えたり、裁断や縫製の指示を出すこともあります。デザイナーの意図を読み取りイメージどおりの形に仕上げるだけでなく、着心地の良さや繊細な動きを計算し、盛り込んでいくのも重要な役目。パターン上の数ミリの違いもシルエットに影響を与えるので、経験とこだわりがモノを言います。

  • パタンナーに求められるもの

    ファッション業界全般の知識が求められます。なかでも、素材や縫製に関する幅広い知識は必要不可欠です。パタンナーは職人なので、手先の器用さや正確性は言うまでもありませんが、突然の変更にも臨機応変に対応できる柔軟性も重要視されます。また最近では、パタンナーの業務を外注する企業も増えているため、コミュニケーション能力が問われることも。CADソフトを導入している会社では操作スキルが必須となりますので、こちらも身につけておいて損はありません。

  • パタンナーになるには

    実技経験が求められるため、服飾系の短大や専門学校に通うのが近道と言えそうです。アシスタントからスタートするケースが多いため、仕事を始めてからでも学ぶことはできますが、学校にいるうちにより多くの知識や技術を吸収しておくといいでしょう。役立つ資格としては、パターンメイキング技術検定などがあげられます。

パタンナーの求人を見る
パタンナーの仕事 パタンナーの仕事
お問い合わせはこちらから
0120-050-068 受付時間9:00 - 18:00 0120-050-068 受付時間9:00 - 18:00 お問い合わせフォームはこちら お問い合わせフォームはこちら

先頭に戻る