CAREER UP|業界で成功するノウハウ63 Views

ジミーチュウ(JIMMY CHOO)の歴史

ジミーチュウ(JIMMY CHOO)といえば、魔法の靴と呼ばれるシューズが人気ですよね。高いヒールでも疲れず、歩きやすい、そして足元が美しい。女性にとっても願ってもいない靴です。多くのセレブに愛されるシューズは、ダイアナ妃が愛用していたというのも有名な話です。

靴職人のジミーと雑誌「VOGUE UK(英国版ヴォーグ誌)」で働いていた、タマラ・イヤーダイの2人によって創業されたブランドジミーチュウ(JIMMY CHOO)。1996年に創業と、ラグジュアリーブランドの中では歴史は浅いながらも、世界中のセレブたちが求めるブランドに駆け上がった魅力をお伝えします。


■Youtubeチャンネル開設!
スタッフブリッジのアパレル販売スタッフとして活躍するスタッフのストーリーをご覧いただけます。
視聴はこちら >

1.ジミーチュウ(JIMMY CHOO)の誕生

1954年に靴職人の父のもとにジミーチュウ(JIMMY CHOO)が誕生します。幼いころから父に靴づくりを学び、11歳の時に初めて靴を作ったそうです。最初に作ったのは、母への靴でした。父は厳しく、完璧な靴ができあがるまで何度も指導し完成させたのです。

今のジミーチュウがあるのも、厳格な父がいたからかもしれませんね。

その後、ロンドン芸術大学のファッション科で学び、自身の工房をロンドンに作ります。技術は素晴らしかったものの、経営の知識が0だったジミーはなかなか繁盛することがなかったのです。

靴のロールスロイスや靴の大様と呼ばれるほどの高級シューズランド「マノロ・ブラニク (Manolo Blahnik)」がファッション雑誌の「ヴォーグ( VOGUE)」に掲載するシューズを作成するための靴職人を探している中、ジミーチュウが抜擢されます。

ヴォーグ誌にジミーチュウの名が掲載されるとともに、読者が工房にくるようになり、軌道にのりはじめます。機能性と履き心地をあわせもった靴は『魔法の靴』と呼ばれるようになり、イギリスのセレブたちに広まり、ファッション誌にも特集されるほど知名度があがったのです。

さらにイギリスの王室より声がかかり、あのダイアナ妃がカスタムメイドのシューズを作りあげ、英国王室のご用達となったのです。

1967年に生まれたもう一人の創業者『タマラ・イヤーダイ』は、父がヴィダルサスーンの創業者の一人『トム・イヤーダイ』と元モデルのアン・イヤーダイのもとに生まれました。幼少の頃からファッションセンスに磨きがかかり、のちにファッション誌の「VOGUE UK(英国版ヴォーグ誌)」に入社します。そこでジミーチュウと出会い、技術とデザインに惚れ込んだタマラは、共同で「ジミーチュウ(JIMMY CHOO)」を創業することにします。

出資はタマラの父とジミーが株式を半分ずつ保有してスタート。しかし、経営の方針の違いからジミーは2001年にブランドを去ります。その後もジミーはオートクチュールのシューズを作り続けますが、ジミーチュウ(JIMMY CHOO)とは関わりがなくなります。

ジミーの姪である『サンドラチョイ』がクリエイティブディレクターとしてジミーのブランドを守り続けてくれたのでしょう。

2.愛されるブランドへ

ファースト店舗は1996年ロンドンのモットコム通りにオープンとともに、セレクトショップへ展開していきます。2年後の1998年には、米国へ進出しニューヨーク・パリ・ローマ・銀座と世界の主要都市に進出していきました。

名だたる著名人たちが、ジミーチュウの靴を愛用しています。ミシェル・オバマ夫人、アンジェリーナ・ジョリー、ニコール・キッドマン、ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、ジェシカ・アルバなど…。英国王室のキャサリン妃がシャーロット王女を出産後、ジミー チュウのヒールを履いてメディアの前に現れたことも話題になりました。

華麗で美しいジミーチュウのハイヒールは、華やかな舞台のレッドカーペットを渡る女優たちをさらに美しく魅せると、定番のブランドとなりました。映画やメディアにも愛用され、魔法のヒールは世界で人気のブランドとなったのです。

3.デザイナー『サンドラチョイ』

ジミーチュウのデザイナーとして活躍し続けるサンドラチョイは、英国ワイト島に生まれたジミーチュウの姪です。最初はお手伝いでジミーのもとで働き、デザインからフィッティングまでの靴作りのノウハウをすべて習得します。1996年の創業とともに、クリエイティブ・ディレクターとしてジミーチュウで活躍します。

2001年にジミーが去った後も、数々の買収劇の中でも残り、ジミーから教わった技術と自身のデザイン力で世界の人を魅了するコレクションを作り続けています。

4.ジミーチュウの魅力的なデザイン

魔法の靴は定番ですが、靴以外にもバック・財布・香水などを展開しています。さらにメンズラインのスニーカーなども展開しています。ジミーチュウのデザインを象徴するのが、星型のスタッズシリーズですよね。エレガントなスタイルに、スタースタッズを加えるだけで、遊び心溢れるコレクションになります。

また、2019年にはジミーチュウの新しいロゴが誕生しました。『J•C』を組み合わせたJCロゴ。多面的にカットされたデザインロゴは角度によって光り方が変わり、宝石のように煌めきます。

5.会社情報

■ 会社名
ジミー チュウ トウキョウ 株式会社
■所在地
〒107-0052
東京都港区赤坂8丁目5番34号 TODA BUILDING 8F

※2020年7月時点の情報に基づく

ジミーチュウ(JIMMY CHOO)の派遣・転職求人はこちら >

無料の個別登録会でも、ジミーチュウ(JIMMY CHOO)のアパレル販売の求人詳細を専任のキャリアパートナーにご相談いただけます。


■長く働きたいアパレル派遣会社No.1
スタッフブリッジは、この度「長く働きたいアパレル派遣会社No.1」に選ばれました!圧倒的な待遇と仕事数で、長期で安定して働きたい方から評価をいただいています。
No.1の理由はこちら >

■スタッフブリッジの人気サービス【スピード払い】
無料で何度でも給料の一部を前払い(日払い)できるサービスです。多くの求職者様にご利用いただいているスタッフブリッジの人気の福利厚生サービスです。
人気の理由はこちら >

百貨店でラグジュアリーブランドの販売スタッフを2年経験後、入社。東京・神奈川・埼玉エリアのアパレル・コスメを担当。安心して相談できるお姉さん的なエージェント。

関連するトピックス

登録会予約からお仕事スタートまでの流れ

初めての方でも安心の1対1個別登録会。
どのような仕事を探しているのかお気軽にご相談ください。

  • 登録会の予約

    ご予約いただくと受付担当よりお電話差し上げます。ご希望の日程をお伝えください。

  • お仕事をご紹介

    その場で候補となるお仕事をご紹介。現場見学などの日程を決めましょう。

  • お仕事スタート

    あなたと勤務先が合意してお仕事が決まります。早ければ1週間程度でスタートできます。