CAREER UP|人事担当インタビュー2,779 Views

トゥモローランドの店頭に立ってみたいと思う方はチャレンジして欲しい

TOMORROWLAND / 中島 正光さん
人事部 採用課

時代を超えて受け継がれていく、端正で洗練されたエレガントなスタイルを提案するセレクトショップ「TOMORROWLAND(トゥモローランド)」。

今回は、来年40周年を迎えるトゥモローランドの人事部 中島さんに、会社のことや採用についてお伺いしました。

1.好きでかっこいいと思うブランド

── 今までのご経歴ついてお聞かせください。
新卒で福祉会社に就職をしました。その後、IT企業を経て、別のアパレル企業で管理部門として勤めました。そして11年前にトゥモローランドへ入社し、人事を担当しています。

── 他業界のご経歴もお持ちなんですね。アパレル業界へのターニングポイントはなんですか?
元々、洋服が好きだったことですね。好きなことを仕事にすることには迷いもありましたが、思い切って飛び込みました。実際やってみると、とても楽しかったですね。
トゥモローランドへ入社を決めたのは、自分が好きでかっこいいと思えるブランドだったからです。

── 人事の募集があり、応募されたのですか?
人事の募集があったわけではなく、自ら人事をやりたいと希望しました。タイミングにもよりますが、経験があればそのまま本社への配属も可能性はあります。チャレンジしてみることが大事ですね。

── 中島さんが感じる人事職の魅力はなんですか?
人事は会社の”顔”だと考えています。お客様からすれば販売スタッフが”顔”であるように、求職者の方からすると人事が”顔”だと思います。そのポジションにいれることはとても重要だと思いますし、人事はエースでなければならないと思っています。そこが魅力ですね。

── では人事として何か気をつけていることはありますか?
アパレル業界にいる以上、洋服のセンスや自分磨きは必要だと思いますね。私自身も日々勉強中です。

── 入社されてから気付いた会社の魅力はありますか?
入社前のトゥモローランドは、大人っぽい、敷居が高いといった印象がありましたが、実際に入ってみて、スタッフとコミュニケーションをとる中で、全く違うと感じました。面白い人も多いですし、明るくて若々しいスタッフが多いですね。
あとは、やっぱり洋服好き。悪く言えば、洋服オタク(笑)。今まで私が持っていた洋服の概念が覆されるくらい、洋服に対してのこだわりが強いです。

2.なりたいポジションになれるチャンスはある

 ── 派遣で活躍されたのち、社員になるケースもありますか?
もちろんあります。むしろそういった気持ちの方と働きたいですね。派遣だけに止まらず、トゥモローランドの仲間として活躍してくれる方はウェルカムですね。

── 今まで中島さんが採用された方で、印象に残っている方はいらっしゃいますか?
たくさんいます。派遣の方だと、未経験でスタートし、1年半後に社員に切り替わり店舗で働いたのち、現在コントローラーとして活躍しています。(商品を各店舗に売上等を予測して分配する仕事)
ファッション感度というよりも、明るさや元気の良さが魅力でしたね。そして意識も高く、本社勤務へ異動していただきました。

── とても理想的なキャリアアップですね。
チャンスがあったことも幸運ですが、本人がとても努力しているのを感じました。今本社で一緒に働いていることが嬉しいですね。

MDやバイヤーも販売スタッフを経て、本社へ異動しています。チャンスがある会社なので、なりたい気持ちがあればどんどんアピールしてチャレンジしてほしいです。

なりたいポジションになれるチャンスはある

3.幅広い仕事を任されるやりがい

── トゥモローランドのこだわりについてお聞かせください。
「ヒト、モノ、ウツワ」と考えています。
「ヒト」は、『スタッフ』であり、採用や教育、着こなしに対しても、他に負けないくらい高い意識を持っています。
「モノ」という点で言うと『商品』。メーカーで39年ものづくりをしている会社なので、他社にないものづくりですね。特に、創業以来つくっているニットへのこだわりは強いです。また、スタッフからの意見も取り入れ、ものづくりをすることもあります。
「ウツワ」は『お店づくり』です。同じお店は存在しません。什器も各店舗のスタッフが選んで、配置しています。販売だけではない仕事を任される楽しさを感じてもらえる環境ですね。

── 御社ならではのイベントなどはありますか?
今年会社が39周年だったので、39にちなんで”サンキューパーティー”を各地で開催しましたね。店舗スタッフを本社のみんなで労い、スタッフと本社で交流を深める場でした。社員が集まるのは、毎年年末に開催するエンドイヤーパーティーというものがあります。来年は40周年を迎えるので、色々な企画を考えているところです。

4.多方面で吸収し学ぶことがある

── ショップの販売員に必要なスキルはなんだと思いますか?
まずは、『洋服』を好きであってほしいですね。そして、『人』が好きな方ですね。

── 面接の際に、『洋服』や『人』が好きか見るポイントはなんでしょうか?
『洋服』でいえば、トレンドをキャッチして、うまく着こなしているかをポイントに見ています。全身トゥモローランドを着ていないとダメということは全くありません。どのブランドを着ているかというよりは、着こなしが重要ですね。
『人』という部分では、コミュニケーション能力だったり、笑顔だったり、明るさですね。返事一つから感じるものはありますからね。

雑誌を読むこともそうですが、私がお勧めしているのは、プライベートな時間です。映画館や食事に行った時に、サービスや、見たもの・触れたもの・感じたものをお客様に伝える意識を持っていてほしいです。常にアンテナを張り、情報収集をしてほしいとはお伝えしています。

── 選考の際に他に見ている点はありますか?
履歴書の字ですね。字が綺麗、汚いではなく、丁寧に書いているかをポイントに拝見しています。文字には、誠意ややる気が表れると思います。

── 入社後の流れについてお聞かせください。
アルバイト、派遣、社員関係なく、全てのスタッフが参加する、入店前研修があります。挨拶の仕方や、言葉遣いはもちろん、金銭授受などの所作、トゥモローランドの基本を学んでいただく研修です。
経験のある方からすると、知っていることかもしれませんが、スタッフ同士のコミュニケーションの場としても大切だと考えています。

── 最後に、求職者の方にメッセージをお願いします。
トゥモローランドの服を買ったことがなくても構いません。お店に来ていただいて、あんな商品が着たい、お店に立ってみたいと思う方は是非エントリーしてください。是非お会いしたいと思います!
良いなと思えることがあれば、まずチャレンジしていただきたいですね。

多方面で吸収し学ぶことがある

5.インタビューを終えて

スマートな着こなしが目を引く中島さん。ファッション業界にいる以上、センスや自分磨きは必要という言葉が印象的で、プロ意識を感じました。ファションが好きな方は、刺激があり魅力的な職場です。トゥモローランドの”こだわり”を感じに、まずは多くの方にショップへ足を運んでいただきたいです。

TOMORROWLANDで就業をご希望の方は、個別登録会にエントリーください。
エントリーはこちらから >

ブライダル、美容の広告営業を3年経験後、入社。東京オフィスの本部営業に所属。『営業たるもの人たらしであれ!』がモットー。

関連するトピックス

登録会予約からお仕事スタートまでの流れ

初めての方でも安心の1対1個別登録会。
どのような仕事を探しているのかお気軽にご相談ください。

  • 登録会の予約

    ご予約いただくと受付担当よりお電話差し上げます。ご希望の日程をお伝えください。

  • お仕事をご紹介

    その場で候補となるお仕事をご紹介。現場見学などの日程を決めましょう。

  • お仕事スタート

    あなたと勤務先が合意してお仕事が決まります。早ければ1週間程度でスタートできます。